中央区のリフォームなら株式会社イエスリフォーム

お気軽にお問い合わせください!

0120-616-016

株式会社イエスリフォーム
東京都中央区日本橋久松町13-1

お問い合わせ
リフォームコラム

リフォームコラム

COLUMNリフォームコラム

お風呂リフォームの最適なタイミングとポイント

  • 公開日:
  • 知識

◇ お風呂リフォームの最適なタイミングとポイント ◇

お風呂のリフォームは通常、15~20年が目安とされますが、経過年数だけでなく、浴室の具体的な状態や使用状況を考慮することが重要です。

劣化や変化が見られる場合は、早めにリフォームを検討することをおすすめします。

浴室の劣化や損傷、水漏れ、カビの発生などのサインを見逃さず、リフォームの必要性を判断しましょう。

最近の浴室はお手入れがしやすく、快適性も向上しています。

リフォームによって快適で機能的な浴室にアップグレードすることが可能です。

リフォームは美化だけでなく、効率性やエネルギー効果の向上、住宅価値の向上にも寄与します。

状態やニーズに合わせて、計画的に浴室リフォームを検討してみませんか?

 

 

目次

 

 

1 お風呂リフォームの最適なタイミング

 

お風呂リフォームのタイミングは一般的に15~20年を目安に検討することがおすすめです。

また、以下のサインが見られる場合は早めのリフォームを検討することが重要です。

 

浴室内部や浴槽に傷やひび割れがある

傷やひび割れは水漏れや劣化の兆候となります。これが放置されると構造に損傷を与える可能性があります。

 

コーキングにヒビ割れがある

つなぎ目のコーキングがヒビ割れると、水漏れの原因となります。防水性が損なわれるため、早期の補修が必要です。

 

掃除してもカビがすぐに生える

カビの発生は通気や排水の問題を示しています。放置すると健康被害や構造へのダメージが考えられます。

 

排水溝から嫌な臭いがする

排水の問題は通水不良や異臭の原因となります。

 

お風呂リフォームを考えたときに、まず現状のお風呂について把握しましょう。

お風呂の種類や状態によって、リフォームの方針や費用が大きく異なるからです。

リフォームを進める前に確認しておくべきポイントをいくつか挙げてみます。

 

「在来工法」か「ユニットバス」かの確認

在来工法の浴室とユニットバスでは、リフォームにかかる費用や工程が異なります。まず、現在のお風呂がどちらの工法で造られているかを確認しましょう。

 

在来工法とは

主に古い一戸建て住宅で採用される工法で、床や壁をタイルで仕上げる工法です。

 

在来工法のメリット

・オーダーメイドのデザイン

タイルやモルタルなどの素材を使用し、建築現場で直接設計・施工されるため、オーダーメイドで自由なデザインが可能です。

・デザインの自由度が高い

現場で直接作り上げるため、建物の形状やサイズに合わせて柔軟に対応できます。

 

在来工法のデメリット

・防水性の課題

ユニットバスに比べて防水性が劣り、定期的なメンテナンスが必要です。不十分な防水処理が行われると、水漏れや浸水のリスクが高まります。

・高いコスト

オーダーメイドのため、素材や職人の手間がかかり、コストが高くなります。

・工期が長い

オーダーメイドで建築するため、工期が長くかかります。

 

 

ユニットバスとは

浴室の各部材(床・浴槽・壁・天井・ドアなど)を事前に工場で製造し、現場で組み立てる浴室の形態です。

 

ユニットバスのメリット

・防水性が高い

床と壁のつなぎ目部分を一体型として造るため水漏れの心配が少ないです。隙間が少なく、断熱性能を向上しやすいので、在来工法に比べて断熱性が優れています。

・品質管理がしっかりしている

工場で造られた材料やパネルを現場に運び込んで組み立てるため、品質や仕上がりに差がないです。

・工期が短くコストが低い

工場で作られたものを現場で組み立てるだけなのでスピーディで工期が短く、価格が安く済むことも挙げられます。

 

ユニットバスのデメリット

・選択の自由度が少ない

規格品となっているためデザインやサイズの自由度が制限され、浴室スペースが狭かったりすると選択肢が制限されることがあります。

 

お風呂の状態の確認

お風呂の床や壁、排水などの設備がどのような状態か確認します。劣化や損傷がある場合は、修理や交換が必要です。

 

サイズとレイアウトの確認

現在のお風呂のサイズやレイアウトを確認しましょう。

これによって、新しい浴槽や設備を選定する際の制約や調整がわかります。

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

2 お風呂リフォームにかかる費用相場と所要日数

 

「在来工法」→「ユニットバス」へのリフォーム

 

在来工法からユニットバスへのリフォーム費用は、一般的におおむね100万円から200万円程度です。

解体費用が必要になるので、ユニットバス→ユニットバスへのリフォームよりコストがかかります。

また、新しく入れるユニットバスのグレードによっても価格は変わります。

リフォームの日数はおおむね数日から1週間~10日程度になります。

 

「ユニットバス」→「ユニットバス」へのリフォーム

 

ユニットバスからユニットバスへの交換のリフォーム費用はおおむね80万円から150万円程度です。

新しく入れるユニットバスのグレードによっても価格は変わります。

工期は3日から5日ほどとされています。

 

工事期間中はお風呂が使用できません。

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから
 
 
 
 
 

3 お風呂リフォームで利用できる補助金や助成金の活用法

 

お風呂リフォームにかかる費用を軽減するためには、いくつかの補助金が利用できることがあります。

 

介護保険 

高齢者や介護が必要な方は、介護保険を利用してお風呂リフォームの一部を賄うことができます。

介護度によって異なるので、介護保険事務所や福祉課に相談してみましょう。

バリアフリーリフォーム

・手すりの取り付け

・段差の解消

・床材の変更

・引き戸への取替え

 

各地方自治体の補助・助成金

地域によっては、住民向けに補助金や助成金を提供している場合があります。

自治体の福祉課や住宅課などで詳細を確認し、申請方法を調べましょう。

 

国の補助金事業(長期優良住宅化リフォーム推進事業)

国の補助金事業として「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります。

これは高齢者向けの住宅改修に対する補助金で、バリアフリー化や介護しやすい住まいへのリフォームに利用できます。

・ユニットバスへの取替え

・手すりの設置

・高効率給湯器への取替えなど

 

自治体の福祉事務所や介護サービス提供者に相談し、詳細な手続きを進めることが重要です。

 

 

いかがでしょうか?

お風呂リフォームのタイミングやポイントについてご紹介しました。

リフォームの際は現状のお風呂の確認や希望する条件を考慮し、快適なお風呂を手に入れましょう。
 
 
 
  
当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから
 

投稿者プロフィール

株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
SNSも更新しています!ぜひご覧ください!

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ
相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

東京都中央区のリフォーム、リノベーションならイエスリフォームにお任せください!

株式会社イエスリフォーム

103-0005 
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-616-016 
FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP