株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  コンセント増設とスッキリ配線で理想のお部屋に!

REFORM COLUMNリフォーム コラム

コンセント増設とスッキリ配線で理想のお部屋に!

  • カテゴリ: 知識

 ◇ コンセント増設とスッキリ配線で理想のお部屋に! 

 

 

 

 

お部屋をオシャレにリノベーションして、インテリアをお気に入りの家具や雑貨でそろえても、配線がスッキリしていないとごちゃごちゃした印象になってしまいます。

配線をスッキリ見せるために重要なのがコンセントの配置です。

せっかくリノベーションをするなら、配線をスッキリさせる配線工事も合わせてするのがおススメです!

 

配線リノベーションで理想のお部屋に近づけましょう!

 

 

目次

 

 

1 コンセントの増設について

 

テレビやパソコン、スマートフォンの充電、lanケーブルにusbケーブル、延長コード・・・などなど部屋はさまざまな配線が溢れています。

便利な家電が増えて、購入し使用するとなると、コンセントを要するようになり、電源が足りなければたこ足配線をする・・と気が付けば部屋の中が配線だらけになっていたという方も多いのではないでしょうか?

それも、コンセント位置によっては使い勝手がわるく延長コードを繋げて・・と繰り返していると部屋のごちゃごちゃは避けられません。

 

日常生活において家電製品は必要なものですが、あれもこれもと置いてしまうと配線でせっかくのお部屋の見栄えを悪くしてしまいます。

通り道に延長コードなどがあると、足を引っかけて転倒してしまう危険性も高くなります。

特に小さなお子さんや、年配の方がいるご家庭は注意しなくてはなりません。

たこ足配線や、延長コードの乱用を防ぐためには使い勝手の良い位置に、必要な数のコンセントを増設するのをオススメします。

 

コンセントの種類についてご紹介します。

 

隠ぺい配線

壁の中や、床下に配線をする方法です。見た目がスッキリするのでオススメですが、住宅の構造上、好きな場所に設置出来ないこともあります。

 

露出配線

隠ぺい配線と反対に、配線が外に露出になります。構造を気にする必要が無いので、比較的自由な場所に設置でき、工事も簡単です。

配線が壁や天井を這うため、見た目はスッキリしません。

 

また、外壁に面している壁には、断熱材が敷き詰められているので、コンセント増設は難しいことが多いので注意しましょう。

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

2 壁掛けテレビで配線スッキリ!

 

 

リビングのごちゃごちゃ配線の代表格は「テレビ裏の配線」ではないでしょうか?

スッキリ見せたい方は、壁掛けテレビをオススメします。

壁掛けテレビを買えば解決すると思っていらっしゃる方も多いですが、スッキリ見せるためには下準備が必要です。

一番おすすめなのが、壁掛けするテレビ裏の位置に合わせてコンセント、アンテナ端子を設置する方法です。

 

リフォームでコンセントやアンテナ端子を施工する場合は、あらかじめ取り付け位置を確認しましょう。

この確認を怠ると、いざ壁掛けテレビを取り付けた際に配線が隠れなかったり、長さが足りないなどの不具合が出てしまいます。

 

しっかり隠ぺい工事をすれば、壁掛けの取付け金具をつけたテレビを取り付けると、配線が見えることはありません。

また、テレビゲームやDVD機器などを設置する場合も、テレビボード裏の見えない箇所にコンセントを増設すれば、スッキリした見た目になります。

 

いまや壁掛けテレビは、個人宅だけでなく、商業施設や公共施設にも多く普及してきています。

しっかり器具を取り付けて設置するものなので、地震で落下するリスクは、テレビボードの上に置くだけより安心と言えるでしょう。

テレビを壁掛けにすると、お部屋を有効活用できますし、赤ちゃんがいるご家庭は配線のいたずら防止にもなり、安心の居心地が良いお部屋作りができますね。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから
 
 
 
 
 

3 キッチンのコンセントは配置がポイント

 

 

便利な調理家電などが増えると、コンセントが足りなくなってしまい。たこ足配線になってしまうお宅も多いのではないでしょうか?

 

電子レンジ、炊飯器、トースター、ケトル、ホットプレート、ジューサー、コーヒーメーカー、フードプロセッサー、最近人気のホットクックなどなど・・・

キッチンは、調理家電が増えてしまい、コンセントが足りなくなってしまったと増設のご相談を受けることが大変多いです。

 

キッチンは少し余裕をもって多めのコンセントを配置するのをオススメしたいですね。

コンセント設置の場所は、なるべく背面ではなく、作業をするカウンター側に付けると家事動線が楽になります。

 

お鍋やお好み焼きなどIH卓上クッキングヒーターなどやけどをする可能性がある家電を使用する時に、延長コードを使用すると危ないです。

ダイニングテーブルの近くに使いやすいコンセントの配置もオススメです。

 

見た目がすっきりとして、安全に使い勝手も良くなりますよ。

 

 

生活をしていく中で「ここにコンセントがあったらな」と思うことが増えたらぜひ増設の工事をご検討ください。

住みやすく快適なお部屋にスッキリ配線リフォームしませんか?

 

 

 

 

 
  
当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP