株式会社イエスリフォーム

TEL:0120-616-016

東京都中央区日本橋小伝馬町20-3 NOGUCHI BUILDING 3F

お問い合わせ

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  プチリフォームにも。”エコカラット”で快適空間に!

リフォーム コラム

プチリフォームにも。”エコカラット”で快適空間に!

  • カテゴリ: 知識 費用

◇プチリフォームにも。”エコカラット″で快適空間に!◇

 

 

 

“エコカラット”という壁材の名称を聞いたことはあるけど、一体どんな壁材なの?普通の壁材と何が違うの?という疑問をお持ちの方多いのではないでしょうか?

新築物件はもちろん、リフォームでも人気のあるタイルタイプの壁材です。

メーカー調べでは実際に”エコカラット”を使っている人の80%以上が設置して「満足」と答えているそうです。

具体的にどんな壁材なのかを詳しくご紹介します。

 

 

 

1 ”エコカラット”とは

 

 

施工イメージ

 

 

 

日本の伝統技術の「土壁」は高温多湿な日本の住宅に適しています。

この「土壁」とリクシルの技術をもって生まれたのが”エコカラット”という壁用のタイルです。

 

“エコカラット”にはナノメートルの小さな孔(あな)が無数にあります。
その小さな孔が、湿気や有害物質を吸着し、空気をきれいにしてくれるのです。

 

 

~オススメポイント その①~ 

湿度を調整してくれる

 

冬場の暖房によって起こりやすい結露や、雨天時の室内干しによるイヤなジメジメも”エコカラット”が吸湿してくれるので解消します。

そして乾燥しがちな季節でも”エコカラット”は湿度を40~70%に保つ機能があるので、乾燥からくる喉のイガイガやお肌の乾燥も防ぎます。

湿度が80%を超えるとダニのが繁殖しやすい空間になってしまいますが、ちょうどいい湿度に保たれるため、ダニを寄せ付けにくくなります。

 

~オススメポイント その②~ 

ニオイが残らない

 

脱臭機能がスゴイ!!!

換気してもなかなか消えない生活臭を強力に脱臭します。

生活の4大臭といわれている「トイレ」「生ごみ」「タバコ」「ペット」のニオイなど、原因成分を吸着して強力な脱臭効果を発揮します。
“エコカラット”の脱臭力は珪藻土よりも優れているといわれています。

 

~オススメポイント その③~ 

有害物質フリー

 

“エコカラット”は、シックハウス症候群の原因とされる有害物質のホルムアルデヒドを原料に使っていません。

更に、他の建材や家具から出る汚染物質を吸着し、空気中の有害物質を低減してくれる働きもあるんです。

お子さんのアレルギー対策にも安心ですね。

 

~オススメポイント その④~

◇シンプルお手入れ◇

 

“湿度も臭いも有害物質も吸着してくれますが、「水と汚れ」ははじく性質があり、なんとビニールクロス並みの防水力があります。

水拭きOKなので、水まわりのお手入れも楽々です。

 

 ※※こちらは”エコカラットプラス”のみの機能になります※※
 
 
 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 
 
 
 
 
 
↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 
 

 

 
 

2 ”エコカラット”と”エコカラットプラス”の違い

 

 

施工イメージ

 

 

“エコカラット”には”エコカラット”と”エコカラットプラス”の2種類ありますので、設置場所に合わせてお選びいただけます。

大きな違いは、”エコカラットプラス”は「水、汚れ」に強いところです

 

 

◇”エコカラット”におすすめの設置場所◇

 

“エコカラット”は吸湿、脱臭にすぐれており、シックハウス症候群の原因になる有害物質も除去します。

インテリア性も高く、リビングや人目につくところをおしゃれに彩りますので、リビングや寝室などによいですね。

 

 

◇”エコカラットプラス”におすすめの設置場所◇

“エコカラットプラス”は”エコカラット”の機能にプラスして水と汚れにを通さず、弾くので、洗面所やトイレなどの水まわりでもかんたんにお手入れできます。

 

従来の”エコカラット”は吸湿性が高いため、洗いにくいという弱点がありましたが”エコカラットプラス”は水拭きが可能です。

 

玄関の泥はね対策にも”エコカラットプラス”がよいでしょう。

 

 

◇デザインパッケージ◇

 

もっと簡単にリフォームしたい。という方にはデザインパッケージをおすすめします。

デザインを選ぶ→サイズを選ぶ→見切り材(フレーム)を選びます。

施工も簡単でおすすめです。

ラインナップも豊富で全74種類からお選びいただけます。

 
 
 
 
~”エコカラット”の注意点~
 

良いことづくめの”エコカラット””エコカラットプラス”ですが、注意も必要です。

 

◇ 薄いので割れやすい ◇ 

 

小さいお子さんが投げたおもちゃや、掃除機を勢いよくぶつけてしまうなどで割れてしまう可能性がありますので、生活するうえで直接触れることの少ない「テレビボード背面の壁」や「リビングの吹き抜けの天井」などが特におすすめですね。

 

◇ 穴をあけることができない ◇

 

先に述べました通り、”エコカラット”は薄くて割れやすいので釘を打ち付けたりすることができません。

時計やカレンダーなどをかけるための釘や鋲は施工時に業者に依頼する必要があります。

 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 
 
 

 

 
↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 
 

 

 

3 ”エコカラット”設置の費用

 

 

施工イメージ

 

 

 

リクシルの”エコカラット”の㎡単価は、施工費込みで平均8000円~20000円前後です。

施工場所に合わせてカットしたり加工する必要もありますので、上記以外にも工賃がかかることもあります。

設置する場所や、面積、使う”エコカラット”の枚数、デザインなどでも違いがありますので、まずはお見積りをおすすめします。

 

“エコカラット”は壁紙より高いと思われるかもしれませんが、陽に焼けたりすることもなく、タイルですので壁紙のようにめくれてしまうこともありません。

半永久的にご利用いただけます。

なによりタイルならではの高級感があります。

ぜひリフォームの際は”エコカラット”をご検討ください!!!

 

画像 「エコカラット」ホームページより引用

 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 
 
 
↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 
(Visited 28 times, 1 visits today)

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP