株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  リフォームする時、見積の費用はどこに注意したらいいのでしょうか

REFORM COLUMNリフォーム コラム

リフォームする時、見積の費用はどこに注意したらいいのでしょうか

  • カテゴリ: 知識 費用

◇ リフォームする時、見積の費用はどこに注意したらいいのでしょうか◇

 

 

目次

1 リフォーム費用の内訳は何を確認すればいいの?

2 リフォーム費用の相場はどのくらい?

3 マンション・戸建てのリフォーム費用はどう違う?

4 リフォーム費用を安くする方法って?

 
 

1  リフォーム費用の内訳は何を確認すればいいの?

 

 

リフォームを依頼するときに必ず受け取る「見積書」。

見積書の内訳には、何の工事にどれだけの費用がかかるか

「材料費」「施工費用」「諸経費」などの各費用が細かく記されています。

 

どこにどんな材料をどれだけ使うのか、その材料はいくらなのかがわかります。

 

材料(設備・建材)の数や単価、面積などがリフォーム内容と合っているかの確認や、図面があれば手元に置いて見ながらチェックをするのが良いかもしれません。

 

専門用語が分かりづらいときには見積もりを依頼したリフォーム業者へ確認しするようにしてください。

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 

 

 

 

2 リフォーム費用の相場はどのくらい?

 

 

代表的なリフォーム費用の一例として、

・トイレ入替費用 10~30万円

・システムキッチン交換費用 60万円~

・ユニットバス入替費用 100万円~

・部屋のクロスとフローリング張替費用(約10畳) 30万円~

が目安となりますが、選ぶ商品のグレードによっても費用は変わります。

 

もしフルリフォームとなった場合の費用は、3LDKを想定した場合 500~1500万円が相場となっています。

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから

 

 

 

3 マンション・戸建てのリフォーム費用はどう違う?

 

 

~マンションのリフォーム費用は?~

戸建てに比べるとマンションは比較的リフォーム費用がかからないです。

マンションのリフォームの場合は500万前後で収まるケースが多くみられます。

マンションでは共用部分である外壁や外廊下はリフォームができないため、リフォームできる範囲の制約があります。ですが、その分内装に費用をかけることができるとも言えます。

 

~戸建てのリフォーム費用は?~

戸建てのリフォーム費用は、マンションに比べると高くなる傾向があります。

外観のリフォームを併せて行う場合に費用がかかることが多く、外観はリフォームせず主に内装のリフォームだけを行う場合の費用はだいたい500万円~1,000万程度が相場となります。

部屋数や2階建て・3階建てなどの構造によってもリフォーム費用は変わってきます。

 

なお、マンション・戸建て、いずれの場合もリフォームの範囲や工期によってはその場所での生活ができなくなりますので、仮住まいの手配が必要になることがあります。

 

こちらの費用も考慮してリフォームの検討をしましょう。

 

 

 

4 リフォーム費用を安くする方法って?

 

 

 

~予算を伝える・メーカーにこだわらない~

 

「予算は150万円でと考えていたが、見積もりをもらったら180万円だった」

 

こんな場合は、

「実は、予算は150万円で考えていて…この金額で収まる方法はないですか?」

と見積をもらった業者に伝え相談をしてみましょう。

 

おそらく 「その場合は、材質をこちらに変えると…」 など、予算内に近づけられるよう提案をしてくれるはずです。

 

 

さらに、

メーカーにこだわりがなければ、品質や機能性を落とさずにより安い設備や材料などを使い費用を安くできるケースがありますので、リフォーム業者に費用の予算を伝え、希望している商品がもしあれば代替品があるか相談してみてください。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから

 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP