株式会社イエスリフォーム

TEL:0120-616-016

東京都中央区日本橋小伝馬町20-3 NOGUCHI BUILDING 3F

お問い合わせ

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  冬支度はお住まいの断熱リフォームから

リフォーム コラム

冬支度はお住まいの断熱リフォームから

  • カテゴリ: 知識 費用

◇ 冬支度はお住まいの断熱リフォームから ◇

 

 

今年の夏は本当に暑かったですね・・・

エアコンをフル稼働してもなかなか涼しくならず冷房代が嵩んだご家庭も多いのではないでしょうか?

実は、窓やお部屋の断熱の見直しをするとグッとエアコンの効きも良くなりますよ!

そして、猛暑対策は防寒対策にも繋がります。


ぜひとも断熱リフォームで「夏は涼しく、冬は暖かい」快適なお住まいにしませんか?

 

 

 

 

 

1 断熱って何?どんなメリットがあるの?

 

 

 

「断熱リフォームとは・・?」「そんなに変わるもの・・?」とお思いの方も多いと思います。

なかなか目に触れることがないリフォームですが、「断熱」は快適な住まいにとってとても重要なものです。

家の断熱で大切なのは

1 断熱化  「熱」を「絶つ」こと

2 気密化  住宅のすき間をなくすこと

になります。

 

部屋がなかなか暖まらなったり、結露が大量に発生してしまうのは、断熱材が充分でなかったり、住宅のすき間などが原因なのです。

 

断熱をしっかりすることで家の中の温度差がなくなり、身体への負担も軽くなります。

 

もちろん古い家でもリフォームで断熱効果を上げることはできます。

 

そして、高断熱の家は冷暖房の効きもよくなり光熱費節約にもつながります。

 

大きな断熱工事(壁に断熱材を入れるもの)は主に2つあります。

 

◇充填断熱(内断熱)◇

壁内の柱・間柱、梁など軸組み間の空隙に断熱材を施工する方法

 

◇外張り断熱(外断熱)◇

柱・間柱、梁など軸組みの外側に断熱材を施工する方法

 

これらは足りていない断熱材を壁内に補填したり、壁の上から補ったりして、家を毛布でくるんでしまうようなイメージです。

 

他にもあるいろいろな「断熱リフォーム」を次の項目からご紹介させていただきます。

 

 
 

↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 

 

 

 
 

2 リビングの断熱リフォーム

 

 

 

 お部屋の「気密化」のためには「窓」の見直しも重要になります。

 

お部屋の「熱」はどこから逃げているかご存知ですか?
 
床や窓、換気などで逃げてしまうのですが、その中でもメーカー調べによると窓から50%以上の「熱」が逃げてしまうそうです。
 
家の中でも大きい窓があるリビングはどんどん暖かさが逃げてしまうんですね・・・
そのため「窓の断熱化・気密化」が重要です!
 
 
断熱性の高いサッシや、複層ガラスに替えたり、二重窓にすることで断熱性がグッと高くなり、外気との差があっても結露もできにくくなります。
 
例えば・・・
 
リクシル:今ある窓に内窓をとりつける(工期最短1日)
     インプラス(二重窓) マンションにもおすすめです! 
 
リクシル:枠はそのままで窓の交換をする(工期最短1日)
     リプラス(高い断熱性)
 
他にもYKKAPなど、工期短くできるものも多くご用意ございます。 
 
 

冬のお悩みで多い結露はそのままにしておくと大事なお住まいを傷めてしまいますので、きちんと拭かないといけません。

結露が減ることで大変な毎朝の拭き掃除が楽になりますし、清潔を保つことができますね。

そして、断熱性が高まると「熱」がお部屋に入るのも防ぐので、猛暑でもエアコンの効きがUPし過ごしやすくなります。

窓の気密性、断熱性を高めるのは快適な家作りにおいて大変重要です!!

 
 

↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 

 

 

 

 

3 浴室の断熱リフォーム

 

 

 

一般的に浴室は陽の当たりにくい方角に設置されていることが多いですよね。

冬は浴室が寒くてお風呂に入るのがおっくうになってしまう方も多いのではないでしょうか?

寒い冬は暖房の効いた部屋と浴室の温度差が10℃以上になってしまうこともあるそうです。

 

この温度差で、血圧が急激に変化し「ヒートショック現象」による心臓発作や脳血管障害などを引き起こす危険性が高まってしまうのです。

 

特にお年寄りのいるご家庭は浴室の冷え込みに注意が必要です。

 

古くて寒い浴室は、最新のユニットバスにリフォームすることをおすすめします。

床材に「冷たさ」を感じない素材を使うこともできます。

リクシルの「サーモタイル」などおすすめです。

床や天井の断熱性が高めるのはもちろんのこと、更に浴室暖房をつければグッと暖かく過ごしやすい浴室になります。

そして上記でご案内の通り、熱は窓からどんどん逃げてしまいますので、浴室の窓も断熱が重要です。

例えば、浴室の窓に内窓をつけて二重窓にするなど断熱性を高めたりすることで浴室が冷えにくくなり、他の部屋との温度差も軽減します。
バスタイムが快適になると、身体に負担を与えない安全安心な生活にもつながります。

 

 

↓ ↓ 当社施工事例はこちら! ↓ ↓

 

 
 

↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 

 

 

4 床暖房リフォーム

 

やはり、底冷えする足元を暖めてくれる床暖房は冬リフォームには欠かせません。

基本的に、木造の戸建てでも、鉄筋コンクリートのマンションでも、床暖房リフォームは可能です。

断熱をしたうえで床暖房を使うと、本当にひだまりにいるようにじんわりとお部屋が暖まります。

ストーブやエアコンのように空気も汚れませんし、乾燥もひどくなりません。

リビングはもちろん立ち仕事のキッチンや、子ども部屋にもおすすめです。やけどの心配もなく安全にお使いいただけますね。

工期もさほど長くかからず、最短1日でできる場合もあります。

 

床暖房リフォームにご興味をお持ちでしたらぜひお気軽に当社にご相談ください!

 

 

↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 

 

 

 

(Visited 20 times, 1 visits today)

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP