株式会社イエスリフォーム

TEL:0120-616-016

東京都中央区日本橋久松町13-1

お問い合わせ

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  外壁塗装メンテナンスは10年ごとが理想です!

REFORM COLUMNリフォーム コラム

外壁塗装メンテナンスは10年ごとが理想です!

  • カテゴリ: 知識

◇ 外壁塗装メンテナンスは10年ごとが理想です! ◇

 

 

 

 

住まいの顔とも言える外壁は、風雨や太陽光、寒暖差など、

常に汚れや劣化が進みやすい厳しい環境下にあります。

 

メンテナンスせずに放置しておくと、ひび割れがどんどん大きくなったり、

表面を触った時に白い粉が出たり(チョーキング)、

さらには雨水が浸み込んで住宅の内部が腐食することにも繋がります。

 

定期的なメンテナンスをきちんと行えば長く安全に暮らすことが可能です。

外壁塗装リフォームのお役立ち情報をご紹介します。

ぜひ参考になさってください。

 

 

 

目次

 

 

1 外壁塗装の必要性

 

 

多くの住宅に使われている外壁の素材は、セメントと砂をまぜた「モルタル」と、

「サイディング」というボード形態の外壁材が一般的です。

 

外壁の下地材は、この塗装やボードによって守られています。

 

メンテナンスをしないでいると経年劣化により、ひび割れや剥がれが生じます。

 

この軽微な劣化を放置したままでいると、

どんどん大きくなってしまい下地材にまで雨水の侵入により劣化をさせてしまうことになりかねません。

 

住宅をきれいに飾るだけではなく、外壁塗装は家の土台ともいえる下地材や、柱、壁材までも守る役割があるのです。

 

その為、定期的なメンテナンスが必須になります。

 

外壁塗装リフォームのタイミングは、お住いの地域の環境などでも変わってきますが、

 

おおよそ10年くらいが目安になっています。

 

下地材に問題がなければ、10年ごとの塗装だけでよいでしょう。

 

サイディング材も塗り替えは10年ごと、

サイディング材も永久ではないので2.30年ごとに交換するのが理想です。

 

また、年数だけでなく、見た目で劣化を感じた時は一度プロへの相談をおススメします。

 

色褪せや汚れなど、注意するべきポイントをご紹介します。

チェックしてみてくさい。

 

 

・ヘアクラック

表面の塗膜に細かいヒビが入っている状態

 

・クラック

塗膜だけでなく、下地までひび割れている状態

 

・チョーキング

こするとチョークのような細かい白い粉が付く状態

 

・シーリング材(コーキング)のひび割れ、縮み

 

 

プロでなくとも見た目で劣化に気づくことができます。

小さな修繕で済むよう、早めのメンテナンス手配をおススメします。

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

2 塗装の種類

 

 

 

外壁塗装に使われる塗料はいろいろあります。

それぞれの塗料の耐用年数と特徴をご説明します。

 

アクリル系塗料(耐用年数5年程度)

昔はよく使われていた塗料ですが、耐久性や防汚性があまり高くないため、いまはあまり使われることがありません。

安価で光沢があり、比較的扱いやすいことから「気分で色を変えたい」「とにかく施工費を抑えたい」などの方には向いているかもしれませんが、結局メンテナンス期間は短くなってしまいます。

 

 

ウレタン系塗料(耐用年数5~10年程度)

アクリル系塗料よりも耐久性能に優れており、比較的安価で価格と品質のバランスがとれた塗料です。

やわらかい素材なのでとても密着性に優れています。

モルタル・コンクリート・鉄・木材などとも相性がよく優れものです。

現在主流となっている塗料です。

 

 

シリコン系塗料(耐久年数7~15年)

塗料に迷ったらシリコン塗料をおススメします。

色落ちや防汚だけでなく、藻やカビの発生も抑え、耐久性・価格のバランスが優れており、近年主流となっている塗料です。

アクリル系やウレタン系より高価ですが、耐用年数が長いため結果コストパフォーマンスがよい塗料です。

 

 

フッ素系塗料(耐用年数15~20年)

シリコン系と並んで人気の高い塗料です。

価格が高めのため、一般住宅では屋根だけに採用されたりすることが多いようです。

屋根から雪が滑りやすいため降雪地帯の住宅におススメです。

耐久性と防汚性み優れており、耐久年数も長いのでビルや陸橋、商業施設などに使われることが多いです。

将来的にかかるコストを削減できる塗料です。

 

 
 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

3 助成金や保険も活用できないかチェック!

 

外装塗装でも助成金がもらえることがあります。

ポイントをご紹介します。

 

・申請期間内であるか?着工前に申請が必要

・断熱・遮断塗装であることが必要

・税金の支払いをきちんとしていること

・書類を揃えること

・各自治体によって異なるため確認をすること

 

助成金をあてにしていても、対象にならないこともありますので注意しましょう。

施工前に手続きを完了することが必要です。施工中の工事については対象外になります。

 

 

 

助成金以外でも、火災保険で外壁塗装を行うことが可能な場合があります。

 

経年劣化や、地震被害で火災保険を使うことはできませんが、雨や風、雷被害などで外壁に損害があった場合、火災保険が適用になることがあります。

こちらも保険会社へ問合せをしてみましょう。

 

 

外壁塗装の必要性や、塗料についてご紹介しました。

特に戸建住宅にお住いの方は外壁塗装のサイクルで、管理費として予算を計上するのをおススメします。

 

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 
 
 
(Visited 27 times, 1 visits today)

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP