中央区のリフォームなら株式会社イエスリフォーム

お気軽にお問い合わせください!

0120-616-016

株式会社イエスリフォーム
東京都中央区日本橋久松町13-1

お問い合わせ
リフォームコラム

リフォームコラム

COLUMNリフォームコラム

建て替えとリノベーションって何が違うの?

  • 公開日:
  • 知識

◇ 建て替えとリノベーションって何が違うの? ◇

自宅の改修が必要になった際、最初に悩むのは「リノベーションor建て替え」の選択です。

今回は、それぞれの特徴を比較しながら、どちらが最も得策なのか考えてみましょう。

 

 

目次

 

 

1 建て替えとリノベーションの違いとは

 

リノベーションと建て替えの違い

 

リノベーションの特徴

 

リノベーションは、既存の建物の基礎部分を活かしたまま、部分的な改築や修繕を行い、必要に応じて新しい部分を追加する方法です。

具体的には、部分的なリフォームやフルリフォーム、さらには間取りまで変えるリノベーションなど、幅広い範囲での改修が可能です。

リノベーションでは、建物の一部や設備を刷新することで、最新の機能を手に入れたり、それによって快適性がUPすることができます。

 

メリット

・コスト面が比較的お得
・工期が短く済む
・必要な部分のみの改修が可能

デメリット

・理想を実現する場合、追加費用が必要となることがある
・劣化が激しい場合、補修費用がかかる可能性がある

 

 

建て替えの特徴

建て替えは、既存の建物を基礎部分から取り壊し、ゼロから新しい建物を建てる方法です。

古い建物を解体し、新しい建物を設計・建築するため、理想的な間取りや設備を自由に選択できます。

建物の構造やデザインを完全にリニューアルし、自分のニーズや好みに合わせた住宅を実現することができます

 

メリット

・間取りや設備などの不満を解消できる
・住宅ローンを組める
・自由度が高い

デメリット

・コストが割高になりやすい
・取り壊しから工期が長い
・各種税金や法律の制約がある

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

 

2 建て替えとリノベーションを選ぶ5つの判断基準

 

 

建て替えとリノベーションのどちらを選ぶかを判断する際には、以下の5つのポイントを考慮することが重要です。

 

建物の状態と築年数

建物の状態や築年数は、リノベーションか建て替えかを決定する際の重要な要素です。

建物が大規模な修繕や改修を必要としている場合、または築年数が長い場合には、建て替えを検討する必要があります。

古い建物は経年劣化が進んでいる可能性が高く、修復や改修だけでは根本的な問題の解決が難しい場合があります。

このような場合には、建て替えによって新しい建物を構築することで、安全性や耐久性を確保し、将来のメンテナンス負担を軽減することができます。

一方で、比較的新しい建物であれば、リノベーションが選択肢となる可能性が高いです。

新しい建物であれば、構造的な問題が少なく、改修や修繕で対応できることが多いためです。

したがって、建物の状態や築年数を考慮しながら、リノベーションか建て替えかを検討することが重要です。

 

予算とコスト

自身の予算や財政状況を考慮して、建て替えとリノベーションの見積もりを比較しましょう。

予算内で最も効率的な選択を見つけることが重要です。

建て替えの場合、建物を完全に解体し、新しい建物を建てるためには、建設費用や解体費用、設計費用、さらには関連する諸経費などが必要です。

これに対して、リノベーションの場合は既存の建物を利用するため、建設費用が抑えられる場合がありますが、改修や修繕にかかる費用が加算されます。

また、将来のメンテナンスやランニングコストなど、継続的な費用面も考慮に入れることが重要です。

予算内で長期的なメリットを最大化するために、慎重な検討が求められます。

 

 

希望する間取りや設備の変更

自分の理想とする間取りや設備の変更が必要な場合は、建て替えがより適切かもしれません。

リノベーションでも一部の間取り変更や設備の更新は可能ですが、建て替えの方が自由度が高く、理想に近い住宅を実現できるでしょう。

 

将来の利用計画と長期的な視野

将来の家族構成やライフスタイルの変化を考慮することは、建て替えかリノベーションかを判断する上で非常に重要です。

将来の家族構成の変化を考えると、子供の成長や家族の増減、高齢化などが想定されます。

建て替えやリノベーションを行う際には、これらの変化に対応できるような間取りや設備の計画が必要です。

たとえば、将来的に子供が独立した場合には、部屋の用途を変えることができるかどうか、介護が必要になった場合にはバリアフリーの設備が整っているかどうかなどを考慮する必要があります。

長期的な視野に立って建て替えかリノベーションかを判断する際には、現在のニーズだけでなく将来のニーズも考慮し、住宅をより長く快適に利用できるような計画を立てることが重要です。

 

地域の規制や法律の制約

建築規制や法律の制約がある場合、建て替えが難しいことがあります。

地域の建築基準や規制を確認し、建て替えが可能かどうかを事前に確認することが重要です。

場合によっては、リノベーションが実現可能な選択肢となるかもしれません。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから
 
 
 
 
 

3 建て替え不可物件でもリノベーションはできる?

 

再建築不可物件とは、建物が解体された後に、新たに建物を建てられない土地のことを指します。

建築基準法で定められた接道義務を満たしていない土地は、再建築不可物件となります。

接道義務とは、建物の敷地が2m以上接道している幅員4m以上の道路に接していることを指します。

接道義務を満たしていない場合、新たに建物を建てることができません。

しかし、建て替え不可物件でもリノベーションは一定の範囲で可能な場合があります。

内部の間取り変更や設備の更新、外壁や屋根の修理・塗装など、内外の改修を行うことで、建物の価値を向上させることができます。

ただし、建て替え不可物件の場合、建築基準法による制約が厳しいため、リノベーションの範囲や内容にも制限があります。

特に耐震性や防火性などの安全面や法令遵守の観点から、建築基準法に適合するように注意する必要があります。

場合によっては、リノベーションに関する特別な許可や手続きが必要になることもあります。

 
 
  
当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから
 

投稿者プロフィール

株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
SNSも更新しています!ぜひご覧ください!

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ
相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

東京都中央区のリフォーム、リノベーションならイエスリフォームにお任せください!

株式会社イエスリフォーム

103-0005 
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-616-016 
FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP