株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  後悔しない、外壁塗装リフォームの豆知識

REFORM COLUMNリフォーム コラム

後悔しない、外壁塗装リフォームの豆知識

  • カテゴリ: 知識 費用

◇後悔しない、外壁塗装リフォームの豆知識◇

 

 

外壁塗装のリフォームは、もししなかったとしてもあまり直接的な被害を感じる事が少なく、そんなに必要ないのでは?と思われ後回しにされがちですが、実は住宅のメンテンナンスの上では欠かせません。

こちらでは外壁塗装リフォームの重要性や塗料の選び方などについてご紹介します。

 

 

 

 

1 お家を守る!外壁塗装の重要性とは?

 

 

 

外壁の目立った傷みや塗装の剥がれなどがあったとしても、生活に直接影響がないのであれば外壁塗装リフォームをしなくて良いのか?

答えは “NO” です。

その理由としては 【防水性の維持】 です。

 

塗ったばかりの新しい塗膜は風雨にさらされることで徐々に撥水力を失い、撥水力を失ってきた外壁は少しずつ水が付きやすくなり湿気を貯めやすくなります。

壁が濡れる→乾くを繰り返すことで壁自体にゆがみが出る → ゆがみの出た壁が振動などで動くことで壁に小さなヒビが発生する → この小さいヒビから水が侵入する

という流れです。

しかし、実はヒビががなくても年が経ち塗膜が薄くなった部分からも水は侵入します。

コンクリートは水に濡れると見た目の色が変わりますのでわかりやすいですが、コンクリートでなくても外壁には水を吸い込む性質があり、塗膜が薄い場合はどんどん水を吸い込んでしまうのです。

一度できたヒビは元に戻ることはなく、徐々に大きく深くなっていきます。

そのヒビや、薄くなった塗膜から水が浸入してしまうと、建材に使われている木材や鉄など、家の土台となる重要な部分をどんどん劣化させてしまいます。

 

一般的に、外壁塗装の塗膜は塗装後7年立つと徐々に劣化が始まっていくと言われています。

ヒビが大きくなり被害が家の建材にまで及んでしまうと、単なる塗装の塗り替えだけでは済まなくなりますので、外壁塗装リフォームはたとえ目に見える劣化がなくても『10年に一度』を目安に行うことが、住宅を良い状態で維持するうえでとても重要です。

 

 

 
 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

2 外壁塗装の塗料は、耐久性とコストのバランスで決めよう!

 

外壁塗装のリフォームで大切なのが塗料選びです。

外壁塗装の塗料は主に4種あり、

・アクリル塗料 ・ウレタン塗料 ・シリコン塗料 ・フッ素塗料

主にこちらの4種類が使われますが、それぞれ耐久性や特徴、価格などに違いがあるため、立地条件や予算、目的に合わせて最適な外壁塗料を選びましょう。

 

こちらでそれぞれの塗料の特徴をご紹介します。

 

~低コストのアクリル塗料~

他の外壁塗装の塗料に比べて塗料自体の材料費が安く、安価に施工できます。

その分、耐用年数の短さがデメリットとしてあります。短ければ、5年程度で塗り替えが必要となる場合も。

店舗など、短い周期でデザインや色を変えて楽しみたい場合にはおすすめの塗料です。

<塗装費用の目安・・・約1,000円/平米、一般的な戸建住宅で約40万円~>

 

~塗膜が強くはがれにくいウレタン塗料~

ウレタン塗料は塗膜が強く弾力性も高いので、もし下地がひび割れを起こしても塗膜までひび割れることが少ない塗料です。

塗り替えの目安は約8~10年と、アクリル塗料よりは長いのですが、塗料材の金額は高めです。

耐用年数から考えると、アクリル・ウレタンの費用対効果の差はあまりないと言えます。

<塗装費用の目安・・・約1,700円/平米 一般的な戸建住宅で約60万円~>

 

~耐用年数が高く防汚性に優れたシリコン塗料~

アクリル塗料にシリコン樹脂を加えた塗料がシリコン塗料です。

塗布後は塗膜の表面のシリコン樹脂が高い耐久性と防汚性を発揮し、耐用年数は10数年程、と比較的長い期間塗料の効果が維持される塗料です。

ただ、塗料に含まれるシリコンの量によって耐用年数の長さといったシリコン塗料のメリットが弱まっているものもありますので、外壁塗装のリフォームでシリコン塗料を使用する際には信頼性の高いメーカーから選ぶことが大切です。

<塗装費用の目安・・・約2,000円/平米 一般的な戸建住宅で約70万円~>

 

~より汚れにくく劣化しにくいフッ素塗料~

耐候性、耐久性が非常に高く、汚れがつきにくいメリットもあるフッ素塗料。

フッ素塗料の特徴として、水(雨)がかかった際に表面に付着した汚れが流れ落ちる性質があるため、雨が降るたびに塗装面がきれいになります。

さらに、耐用年数は20年程度と、アクリル塗料やシリコン塗料の倍ほど。

塗料は高価ですが、年間のコストで考えた場合にはそれほど他の塗料に比べて高いというわけではありません。

お手入れの手間を減らしたい、外壁塗装リフォームの頻度を少なくしたい、という方はフッ素塗料を選ぶと良いでしょう。

<塗装費用の目安・・・約3500円/平米 一般的な戸建住宅で約100万円~>

 

以上のように、外壁塗装リフォームに使用される塗料はコスト・耐久性・性能の特徴が様々です。

安さだけではなく、信頼のできる塗料メーカーのものから住宅の環境や予算に合う塗料を選んでください。

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

3 意外と難しい外壁塗装の色選び。失敗しないコツは?

 

 

こちらでは、塗装後に後悔をしないようにするための色選びのヒントをご紹介します。

外壁塗装のリフォームの際、塗装の色を選ぶ上で仕上がりのイメージがしづらく、そうなった場合に自分の好みの色という理由だけで選んでしまいがちです。

選ぶ色によって、外からみた家のイメージは大きく変わりますので、外壁塗装リフォームの後の外観がどこまでイメージができるかがポイントです。

ちなみに、主に選ばれる外壁塗装の色が持つそれぞれのイメージは以下のようになります。

<ホワイト・ベージュ系>

どんな色とも相性が良く、周りからも浮きにくいので最も人気が高い色です。

明るくやさしい印象ですが、汚れが目立ちやすいのがデメリット。

<ブラウン系>

落ち着いた雰囲気で高級感があります。汚れが目立ちにくいというメリットも。

緑と非常に相性が良く、ガーデニングを楽しんでいる方におすすめです。

<グレー・ブルー系>

グレー・ブルー系は、爽やかさがあり、モダン・クールなイメージがあり近年人気があります。

それぞれホワイト系との組み合わせがしやすくツートンカラーのアクセントにする事も多い色です。

 

それぞれの色の持つイメージを思い浮かべて、自宅の雰囲気や周囲の環境に合った色を思い浮かべながら塗装の色を選ぶことが大切です。

そしてもし、1色だけに絞れなかった場合にもう1色を「アクセントカラー」に使っておしゃれに印象を変えてみてはいかがでしょうか。

例えば、1階と2階部分の間に仕切りがあるような住宅の場合には、仕切り部分をベースカラーとは違ったアクセントカラーで塗ることで家の外観が引き締まります。

仕切りの上下で色を変えても良いですし、同じような色の組み合わせになってしまいがちな外壁塗装リフォームには、アクセントカラーを上手に使って個性が出せるといいですね。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP