株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  排水管を「高圧洗浄」しませんか?

REFORM COLUMNリフォーム コラム

排水管を「高圧洗浄」しませんか?

  • カテゴリ: 知識

◇ 排水管を「高圧洗浄」しませんか? ◇

 

 

以前、都内の賃貸マンションに住んでいたときの実話です。

 

最初は問題なく生活していたのですが、

1年くらい経った頃から、排水口が詰まるようになりました。

 

トイレを流すと、お風呂の排水口から、

シャワーをすると、洗濯機の排水口から、ゴボゴボと逆流してくるのです。

 

管理会社へ問い合わせると、

「ほかの部屋からそのような事象は聞いたことがない。

使い方の問題ではないか。」との回答。

 

いやいや、いくら念入りに排水口を掃除しても、すぐ詰まる。

まずは、確認していただきたいと要請し、業者が確認にやって来ました。

 

そこで、やっと2つの理由が判明したのです。

 

 

 

目次

 

 
1 ~理由1~ マンションの造り

 

その賃貸マンションの1階には、飲食店のテナントが入っていました。

居住空間は、2階以上が賃貸マンションの10階建てです。

我が家は、その2階部分の角部屋に住んでいました。

 

排水は、配管を通って、当然ながら上から下へと流れていきます。

しかし、その配管は、2階の角部屋でカーブしている作りだったのです。

 

上の階から流れてきた排水は、圧が弱いと、カーブを曲がり切れず2階で溜まる。

そのため、我が家だけ「排水口が詰まる」というのが、判明しました。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

2 ~理由2~ 排水管を高圧洗浄していない?

 

 

業者が確認するなり、開口一番

「これは、しばらく排水管を高圧洗浄していないですね。

おそらく10年は掃除していないと思いますよ。

だから、詰まって当然。お宅は悪くないですよ。」とのこと。

 

とりあえず、¨お宅は悪くない¨の言葉にホッとしましたが、

排水管の掃除があるなんて、知りませんでした。

 

普通は、毎年実施するものらしいのです。

それを10年も放置って、管理がずさん過ぎるじゃないか!?と思いましたが、

ここで、排水管を「高圧洗浄」する必要性を、ご紹介いたします。

 

【高圧洗浄とは?】

 

排水管には、日々油や食材カスが流れていきます。

そのまま放置しておくと、排水管内に油汚れや雑菌などが繁殖し、

悪臭が部屋に立ち込めてトラブルに発展することもあります。

また、排水管の腐食・劣化が早まります。

 

そういった、トラブルを避ける・改善するためにも、

排水管にホースを挿入し、高圧で洗い流すのです。

これは、プロの専門業者ではないと、できない作業です。

 

【実施するには?】

 

実施するには、一世帯だけでは、あまり意味がありません。

先ほどもお伝えいたしましたが、排水は上から下へと流れていきます。

配管もすべての部屋に繋がっています。

 

そのため、全戸一斉に作業を行うことにより、より効果を発揮できるのです。

 

賃貸や分譲マンションの場合は、管理会社や管理組合が

業者に高圧洗浄を依頼することになります。

 
 
 
 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

3 戸建密集地にも有効です

 

戸建ての場合も、高圧洗浄は必要です。

ただし、管理会社などは存在しないため、自分で業者を手配することになります。

 

一軒で依頼すると割高になりますが、住宅密集地の場合は、排水溝が一ヶ所に

繋がっていることが多く、地域全体で依頼すると、割安になります。

一度、¨町内会¨で話し合うと、いいかもしれませんね。

 

戸建て住宅の排水管洗浄は、特に法律で義務付けられている訳ではありません。

にも関わらず、訪問販売で不安をあおってくる悪徳業者も少なからずいます。

 

あたかも、役所や水道局から来たように装いますが、

役所や水道局が、個人の所有物である住宅の排水管の点検・洗浄を行うことは

ありません。

 

もし依頼してしまうと・・・・・

【ケース1】

 

業者から「チラシの価格はあくまで一ヶ所の価格。

今回は〇ヶ所洗浄したから、合計でこの価格です。」などと言われ、

チラシの価格を大きく超えた料金を請求される。

 

【ケース2】

 

排水管の高圧洗浄を終えた業者から

「ついでに床下を見ましたが、床下工事をした方がいいですよ。」

などのように、追加工事を勧められ、結果的に高額を支払う羽目になる。

 

このような悪徳業者に引っかからないためには、

公共事業の一環であるかのような文面の高圧洗浄のチラシは信用せず、

役所や水道局の委託業者を名乗る人が訪れてきたら、

身分証明書の提示を求めましょう。

 

万が一、役所や水道局の関係者、あるいは役所や水道局から委託を受けた業者が

個人宅を訪れる場合には、身分証明書を携帯しています。

 

戸建て住宅で高圧洗浄が必要かな?と感じるサインは・・・・・

①シンクや洗面台、浴室などで水はけが悪い状態が続いている

②排水の流れが悪い状態が続いている

③水を流したとき、「ボコッ」「ポコポコ」などの異音がする

④洗濯機が稼働中にしょっちゅう停止する

⑤排水口から悪臭がする

⑥水を流すと排水口から汚水が逆流してくる

⑦水道を使っている場所とは別のところで「ポコポコ」などの異音がする

 

ひとつでも当てはまったら、高圧洗浄を検討してください。

 

戸建て住宅の高圧洗浄は、3~5年に1度行うのが理想的です。

オリンピックイヤーの4年に1度など決めておくと、わかりやすいかもしれませんね。

あっ、ちょうど今年ですね。

 

その後、都内の賃貸マンションは、高圧洗浄を行いました。

やはり、かなり汚れていて「いつもより大変で、作業時間も倍かかった。」と、

業者は愚痴をこぼしていました。

 

あなたのお宅の排水管は、大丈夫ですか?

 

 

 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP