株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  省エネ対策以外にもメリットがたくさんあるLED照明にしませんか?

REFORM COLUMNリフォーム コラム

省エネ対策以外にもメリットがたくさんあるLED照明にしませんか?

  • カテゴリ: 知識

◇ 省エネ対策以外にもメリットがたくさんあるLED照明にしませんか? ◇

 

 

「LED照明」と聞いてどんなイメージがありますか?

「省エネ」「電気代が安い」「ランプの寿命が長い」などが思いつくのではないでしょうか?

 

でもわざわざ電気工事をしてまでLEDって必要??

LEDランプに変えるだけでもお得になる??

 

知っているようでよくわからない・・・

そんなみなさんのLEDに対する疑問にお応えしたいと思います。

 

これからLED購入・取替工事をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

目次

 

 
1 LEDのメリット

 

「省エネ」

 

LEDで一番気になるのは「省エネ」ですよね。

では、実際のところLEDはどのくらい省エネなんでしょうか?

 

LEDの消費電力は従来の電球と比べると約1/5~1/7と言われています。

消費電力が低いということは、その分電気代もかからないということです。

 

例えばリビングの蛍光灯をLEDシーリングライトに替えるだけで

電気代は年間1800円もお得になると言われています。

 

照明器具のを新しく購入しても、数年で元がとれてしまいます。

 

「ランプの寿命が長い」

 

電球交換は、照明は高いところに設置されているものがほとんどですので、

都度の交換は大変です。

 

電球の型番を調べて購入にいくというのも面倒ですよね。

特に年配の方が交換するのは大変に危険です。

 

LEDランプなら、約4万時間、年数だと10年という寿命なので、

面倒な交換の手間を省くことができます。

LEDランプのコストが高く感じるかもしれませんが、

買い替えの頻度が圧倒的に少ないので、結果的にLEDは実はとてもお得です。

 

LEDランプの購入の際は極端に安いものはオススメしません。

PanasonicなどのLED電球5年保証制度があるメーカーを選ぶのがおすすめです。

詳しくはメーカーのHPをご確認ください。

 

「紫外線がゼロだから虫が集まりにくい」

 

実は、虫は紫外線に引き寄せられて集まってくるってご存知ですか?

LED照明には、虫が好む紫外線がほぼゼロです。

 

そのため、虫が寄り付きにくいのです。

玄関灯や、門灯、ガーデニング照明など屋外での使用もLEDはオススメです。

 

紫外線ゼロで熱をほとんど発さないLEDは絵画や写真を照らし続けても

退色・劣化しにくいので、アパレルショップや雑貨店だけでなく、

美術館や博物館でも使用されています。

 

自宅では飾り棚のライトなどにもオススメです。

 

「ひとつの照明で光の色や明るさを使い分けできる」

 

リビングの明かりも、朝と夜など、気分で使い分けできます。

寛ぎたい夜は暖かな電球色でリラックスした空間に。

日中は明るい昼光色でさわやかに。

 

調光・調色機能付きのLED照明なら、シーンや気分によって明るさや色を選べます。

 

 

 

 

 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

2 LED照明を安心・安全に使うポイント

 

間違った使い方で、火災など危険なこともあります。

正しい知識で安心・安全に使用しましょう!!

 

Q 簡単にLED照明に交換できますか?

 

電気工事なしでも引掛シーリングやコンセントを使って

いろいろなLED照明が取り付けられます。

賃貸住宅でも室内を傷つけることなくLED 照明器具に交換できます。

 

Q 引っ掛けシーリングとは?

 

天井のこのような器具を引っ掛けシーリングといいます。

簡単にLED照明を取り付けられます。

 

QランプだけLEDに替えれば、そのまま使える?

 

場合によっては火災の危険性もあります。

電球型のランプなら、同じ明るさのものを選べば既存の器具が使えますが、

環形や直管は要注意!

器具とランプの組み合わせが悪いと、発煙や発火などの恐れがあります。

直管タイプ

環形タイプ

 

直管・環形のLED照明を使うなら、器具ごと交換をしましょう!

発煙・火災の原因となります!!

 

Q LEDに交換したらランプが切れるまでずっと使えますか?

 

ランプが切れる前に、照明器具本体が劣化する可能性があります。

照明器具の寿命は、およそ10年といわれています。

 

見た目では分からなくても内部では劣化が進んでいることがあります。

そのまま使い続けると発煙や火災などを起こす恐れもありますので

安全のため、10年間使ったら照明器具ごとの交換をオススメします。

 

 
 
 
 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

3 LED照明にデメリットってあるの?

 

LEDに交換してみたら、以前と同じワット数の電球を使っているのに

前より暗いと感じることがあるようです。

 

なぜかというと、従来の蛍光灯は360°均一に光が届くのに対して、

LEDは均一に光を放射できないので場所によって明度が異なることがあるからです。

 

真下だけ明るいけど周りは暗く感じる・・といった欠点です。

しかし、スポットライトやダウンライトなどには逆に適していると言えるでしょう。

 

また、前述した紫外線ゼロですが、実はこれがないことで

演色性」を下げてしまっているのです。

 

しかし用途によってそこに適したLEDを選ぶことで

暗いと感じることも少なくなってきているようです。

 

せっかく寿命の長いLEDでも、使用器具や使用方法が適正でないと

その効果を発揮できません。

 

取りつける場所、使う場所、目的の適材適所が、

LEDを使用する上で一番重要といえるでしょう。

 

上手にLEDを取り入れて、省エネに役立てたいですね。

 

 

 

 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP