株式会社イエスリフォーム

TEL:0120-616-016

東京都中央区日本橋小伝馬町20-3 NOGUCHI BUILDING 3F

お問い合わせ

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  飲食店の開業、リフォームをお考えの方へ。予算を抑えて集客のできる店舗へ!

リフォーム コラム

飲食店の開業、リフォームをお考えの方へ。予算を抑えて集客のできる店舗へ!

  • カテゴリ: 知識

◇ 飲食店の開業、リフォームをお考えの方へ。予算を抑えて集客のできる店舗へ! ◇

 

 

 

 

飲食店を経営するにあたり、提供するお料理に自信があっても、あまりに質素・簡素な店舗では集客に結び付くのは難しいものです。

SNSやメディアで話題になるお店は一様にしてオシャレな店舗が多いですよね。

 

飲食店を経営する上で、店舗デザインの重要性は、集客にはもちろんですが、スタッフが働きやすいデザイン・レイアウトにすることも肝心です。

働きやすい、ステキな店舗にスタッフのモチベーションもUPし、お客様への接客のサービスの質も高まるといわれています。

飲食店の開業やリフォームをお考えの方はぜひ参考になさってみて下さい。

 

 

 

 

1 予算を抑えるなら「居抜き物件」こだわりの設計・設備は「スケルトン物件」

 

 

 

 

飲食店を開業するために物件を探す時、まず考えなければいけないのが「居抜き物件」と「スケルトン物件」のどちらにするかです。

 

それぞれの特徴をご説明します。

 

とにかく予算を抑えたい!!という方は「居抜き物件」を探すとよいでしょう。

居抜き物件とは、前の入居者が使った内装や備品などがそのまま残った状態で、引き続き借りることのできる物件のことです。

設備を譲り受ける際に費用は発生しますが、イチから空調工事や水道工事などのする必要がないので、かなり費用を抑えることができます。

 

お得な居抜き物件を見つけるコツは、なるべく同じ業種(焼肉店や居酒屋など)の飲食店が入っていた物件を見つけることです。

設備やレイアウトをうまく利用できれば、開業時にかかる初期費用を抑えることができます。

しかし、そのまま前店舗のまま利用してしまうとイメージが変わらず、新店舗のインパクトに欠けてしまいますので、新しいお店らしさを出せるよう工夫することが大切です。

 

 

こだわりの店舗設計をお考えの場合は、「スケルトン物件」がおススメです。

スケルトン物件とは、前の借主が退居時に設備や内装をすべて撤去し、壁、天井、床を剥がしたまっさらな状態になっている物件のことです。

内装を好きなようにカスタマイズすることができますので、こだわりの店舗をつくることができます。

「設備も新しいものがいい!」「こだわりたい!」という方はスケルトン物件の方がよいですね。

居抜き物件で、既存の設備の撤去をして新しいものを入れるとなるとその分、費用も工期もかかるようになってしまいます。

 

スケルトン物件のデメリットはやはり、こだわりの分、費用がかかってしまうことでしょう。

しかし、上記のように撤去や古い設備の修復が必要な場合は、居抜き物件でも思った以上に費用が嵩んでしまうこともありますから、注意が必要です。

 

そして、スケルトン物件で借りたものはスケルトン状態に原状回復してから引き渡さないといけませんので、退去時にも費用が掛かることを忘れないようにしましょう。

 

退去のことも念頭において「居抜き物件」と「スケルトン物件」のどちらで探すかを検討してみてください!

 

 

 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 

 
 
 
 
 
 
↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 
 

 

 

2 設備は予算を抑えられるところは抑えて上手な店舗設計を!

 

 

 

 

「こだわりの店舗を作りたいけど、予算にも上限があるし・・・」と、どこの予算を削るかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

例えば、一番予算がかかる厨房設備を中古品や型落ち品の設備にするという選択もあります!!

「せっかくの開業、リフォームするならすべてにこだわりたい!」と思ってしまいますが、中古品や型落ち品を選ぶというアイディアもぜひ取り入れていただきたいと思います。

ただし、せっかくお安く仕入れたのにすぐ壊れてしまったりしては本末転倒ですので、きちんと保証期間を確認しましょう。

特に型落ち品は、お手頃な価格で購入できることもあり、大変お得です。

設備はリース品を選ぶという選択肢もありますが、毎月のリース費用もかかります。

長く利用する上で購入するより費用が上回ってしまうこともありますので、あまりお勧めはできません。

 

お客様の目に触れる内装や、店舗の外装に予算を充てることができるとよいですね。

 

 

 

 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 

 
 
 
 
 
 
↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 
 

 

 

3 流行っている飲食店は共通して「トイレがきれい」

 

 

 

 

トイレメーカーのTOTOが行った「飲食店のトイレについての意識調査」で「飲食店のトイレがきれいだとどのように感じますか?」という質問に対し、

約80%の人が「お店のイメージがよくなる」そして約40%の人が「機会があればまた来ようと思う」と回答しています。

 

清潔なトイレは、間違いなくお店のイメージUPに結び付きます。

清掃が行き届いていても、和式トイレなどあまりに設備が古いと、お客様にあまりよいイメージは与えませんね。

便器だけ新しいものに交換をしても、前の便器の後がついていては台無しです。

トイレのリフォームをするときは、床や壁も一緒にリフォームするのがおススメです。

後から床だけの工事などをするのは特にタイル張りなどは難しいことが多く、費用も掛かってしまうことがあります。

そしてもちろんのことですが、営業を開始されてからは清掃をきちんとしてキープすることが一番大切です。

お客様からもスタッフからも愛されるお店にしたいですね。

 

 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 

 
 
 

 

 
↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 
 

 

 
 
(Visited 7 times, 1 visits today)

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP