株式会社イエスリフォーム

TEL:0120-616-016

東京都中央区日本橋久松町13-1

お問い合わせ

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  オフィスやお店の「サイン」の重要性

REFORM COLUMNリフォーム コラム

オフィスやお店の「サイン」の重要性

  • カテゴリ: 知識

◇ オフィスやお店の「サイン」の重要性  ◇

 

 

 

オフィスやお店における「サイン工事」ってなんのことだかご存知ですか?

「サイン」と聞くと、「有名人のサイン」や、「書類に記入するサイン」などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、オフィスや店舗リノベーションでいうサインとは、看板や表札というとわかりやすいでしょうか?

 

その建物を使用する人がわかりやすい表示を作成し、取り付けるのがサイン工事です。

普段何気なく見ているサインですが、もしなかったらどうでしょうか?

どこが会議室なのか休憩室なのか初めて来た人にはわかりません。

このようにサインは非常に重要な役割を持っています。

今回はオフィスにおける「サイン」の役割や重要性をご紹介したいと思います。

 

 

 

目次

 

 

1 「サイン」の種類

 

オフィスのエントランスや店舗入り口はその企業のイメージを強く印象付ける場所です。

オフィスの顔となるエントランスや入り口には社名や店名の表札を掲げますよね。

 

その表札が「サイン」です。

ほかにもサインにはいろいろな役割があります。

どのようなものがあるがご紹介します

 

 

 

名称サイン

店名や社名など、名前を表すサインです。

 

 

案内サイン(フロア案内、回数案内、ビル案内、地図案内など)

建物内での場所や、地図上での場所などの案内を表すサインです。

 

 

誘導サイン(駅の誘導、トイレの誘導、駐車場誘導など)

案内サインと似ていますが、こちらは誘導に特化したサインになります。

駐車場の出口や順路の案内、ショッピングセンターのトイレの誘導などがわかりやすいと思います。

 

 

説明サイン(使用方法の説明、注意事の説明、地域情報などの説明)

わかりにくい使用方法や注意事項を説明するサインです。

例えば観光地の城跡の説明や由来などを説明したものになります。

 

 

禁止サイン(交通看板、禁煙サイン)

「禁煙」など禁止事項や、警告事項を表すサインです。
「路上喫煙地区」など、よく見かけますよね。

 

 

演出サイン
国道沿いなどで見かける大きな立体のキャラクターが屋根にいたりする看板を見かけたこともあるでしょう。

そういったものは、企業やお店の宣伝をねらったものであり、企業ブランディングのための演出です。

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

2 いろいろな素材でサインが作れます

 

 

カッティングシート

単色の塩ビ製のシートを切り出して作るステッカーです。

切り抜き文字や、マークなどお好みのデザインを手軽に作れます。

平面的なサインで、直接オフィスのドアなどに貼って使います。

カッティングシートをそのまま貼るため、コストが抑えられます。
最もコストを抑えられるエントランスサインです。

アクリル板サイン(白色・透明)

アクリル板にカッティングシートを貼り、そのアクリル板を設置する方法です。

カッティングシートなので数多くのフォントやロゴに対応できる定番のサインです。

 

切り文字サイン(貼りつけ)

アクリル板サインから文字を切り取って壁などに貼り付けていく方法です。

カッティングシートだけより文字に厚みが出るので高級感を演出ができます。

他にもステンレスや真鍮などがあり、素材を変えるだけでも雰囲気が変わります

 

 

切り文字サイン(ピン立て)

アクリル板サインの文字の部分を切り取ったものを、貼りつけではなく、ピンなどで文字を浮かび上がらせて作る方法です。

照明の使い方によっては、文字の影を演出したり、
文字の背景から光を当てることで近未来的なサインを演出することもできます。

 

 

LEDサイン

切り文字サインなどとLEDを組み合わせるサインです。
裏から背面発光させたり、文字の表面を発光させて強く印象付けたりすることで、文字の立体感を強調することができます。

オフィスのエントランスで採用されることも多くなってきました。

 

 

 
 
 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

3 サインは企業の顔

 

ご紹介した通り、サインは「オフィスの表札」「お店の看板」です。

サインはオフィスやお店の顔と言われている通り、掲げているだけで24時間265日営業をしてくれます。

もし、オフィスやお店が路面ではない場合、なかなか人目に触れることはありません。

特にお店の場合、サインが出ていなければ、存在にも気づかれないためお客さんが入ってきてくれることはありません。

 

オフィスのエントランス、お店の入り口は企業の顔です。

コーポレートカラーを活かしたサインは、ブランディングに効果的になります。

 

繰り返しになりますが、サインはお店や会社の集客に重要な存在です。

同じような見た目のサインであっても、素材や取り付け方で印象は大きく変わります。

ぜひ、御社の魅力が引き出されるようなサインに交換しませんか?

「企業の格」があがりますよ!

 

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 
 
 
(Visited 48 times, 1 visits today)

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP