株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  キッチンリフォームの悩みを比べてみました

REFORM COLUMNリフォーム コラム

キッチンリフォームの悩みを比べてみました

  • カテゴリ: 知識

 ◇ キッチンリフォームの悩みを比べてみました 

 

 

 

リフォームの人気箇所で「キッチン」は必ず上位に入ります。

 

そろそろ古くなったキッチンをリフォームしたい。

整理整頓できるキッチンまわりにしたい。

最新の設備にしたい。

憧れの食洗機を入れたい。

対面式にしたいなど、夢は広がりますよね。

 

暗くジメジメした水回りは気分が上がりませんので、色味やライトを工夫し明るいキッチンへ変身させましょう。

 

 

 

目次

 

 

1 シンク下は「引き出し」VS「観音扉」

 

 

キッチンをリフォームするなら、シンク下は「引き出し」で収納たっぷりの、はやりのシステムキッチンにしたいですよね。

引き出しも2段や3段などデザインがさまざまです。

 

我が家も、引き出しタイプのシステムキッチンにリフォームしました。

3段タイプで収納たっぷり、古臭いキッチンがおしゃれ空間に生まれ変わり喜びました。

が、引き出しタイプを後悔するときが1年に1回やってきます。

 

 

【排水管清掃】

 

マンションでおこなわれる排水管清掃は法的点検ではありませんが、「排水管の詰まり」や「悪臭」などのトラブルを防止するために定期的な排水管の清掃をおこなう必要があります。

マンションの排水管は、すべての世帯でつながっています。

各住戸から出た排水は、専有部分にある排水管から共用部分にある排水管に流れ、合流する仕組みとなっています。

マンションの各住戸の排水の流れを正常に保つには、専有部分と共有部分両方のメンテナンスが必要となるのです。

 

 

【引き出しを抜き出す】

 

この清掃業者が来るタイミングで、各家庭は排水管が見える状態で待機していなければなりません

引き出しタイプの場合は、すべての引き出しを抜き出す必要がありますが、それがなんとも一苦労なのです。

とても重くて毎回腰を痛めます。

 

観音扉の場合は、シンク下から取り出しやすいよう、常日頃かごなどで整理しておけば簡単に解決できることでしょう。

高齢者になったとき、この引き出しの抜き出し作業ができるか今から心配です・・・。

 

でも、それ以外は、デザインや収納などダントツで「引き出しタイプ」が圧勝です!

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

2 食器洗いは「手洗い」VS「食洗機」

 

 

食器洗いは毎回面倒ですよね。

料理が好きでも、食器洗いが嫌いという方も多いです。

 

4人家族で、食器洗いは平均20分と言われています。

キッチンリフォームするなら、「食洗機」を入れたいと思いますよね?

 

 

【夫婦の意見相違】

しかし、「食洗機」は夫婦で意見が分かれます。

妻は「食洗機」派、夫は「手洗い」派が多いのです。

 

 

【妻の言い分】

・面倒な食器洗いから解放されたい

・食器洗いに使っていた時間を他に充てたい

・手荒れを気にしなくていい

 

 

【夫の言い分】

・食洗機は高い

・予洗いするなら同じだ

・どうせ使わなくなる

 

また我が家の話ですが、キッチンリフォームの際に、憧れの食洗機を入れました。

初めて使ったときは「なんて家事が楽なんだ!」と感動しました。

 

家族が少なかったり、使う食器が少ない場合、手洗いの方が時間もかからないし楽とおっしゃる方もいらっしゃいます。

でも、毎日のことですし、食洗機を入れたことに大変満足しています。

 

高齢者になったときにも、絶対使うはず。

先行投資と思えば、「食洗機」に軍配が上がりますね。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから
 
 
 
 
 

3 キッチンの高さは「低め」VS「高め」

 

 

キッチンの高さはいろいろあることをご存じですか?

低くても高くてもそういう物だと思っている方が多いのではないでしょうか。

 

最近のキッチンの天板の高さで一番多いのは、床から85cmです。

システムキッチンの前身といわれるステンレス流し台の天板高さは80cmでした。

 

キッチンの高さは、キッチンの使い勝手を左右する最も重要なポイントです。

低すぎると前かがみで作業をすることになり、腰痛などの原因になってしまいます。

逆に身長に比べて高すぎると、調理台での作業時、包丁に力が入らず、肩こりやケガにつながる恐れもあります。

 

 

【身長に合うキッチンの高さとは】

使いやすいキッチンの高さは、次の数式で求めることができます。

身長(cm)÷2+5cm(※端数は切り上げ)

 

 

キッチンの高さは、日本工業規格(JIS)により、80cm・85cm・90cm・95cmと5cm刻みに定められています。

この規格に合わせると、身長ごとの適切なキッチンの高さは次の通りです。

 

身長155cm位の人 高さ80cm

身長160cm位の人 高さ85cm

身長160cm以上の人      高さ90cm

 

わたしは身長160cmで、高さ85cmを選びピッタリです。

 

最終的には、やはりショールームや展示場などへ足を運び、実際の高さを確認してから決めるのがおすすめです。

 

しかし、家族の意見が合わないや、どうしても迷うなどの場合は、「高め」を選びましょう。

低いキッチンは対処方法がありませんが、高いキッチンはキッチンマットを敷いたり、スリッパを履いて調節できるからです。

 

もちろん最適な高さが理想ですが、「低め」と「高め」の二択なら、「高め」が優位です。

 

キッチンリフォームは憧れが強い分、悩みも多いと思いますが、一度リフォーム会社に相談してはいかがですか。

 

 
 
 
当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP