株式会社イエスリフォーム

TEL:0120-616-016

東京都中央区日本橋久松町13-1

お問い合わせ

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  失敗しないキッチンリフォームをするために知っておきたい事

リフォーム コラム

失敗しないキッチンリフォームをするために知っておきたい事

  • カテゴリ: 知識

◇ 失敗しないキッチンリフォームをするために知っておきたい事 ◇

 

 

使いやすいキッチンにリフォームしたつもりが、大失敗・・・なんてことにならないようにしっかり基礎をしっておきましょう。

使う方の身長や、人数など、使いやすいキッチンはお家によって違います!!

使い勝手の良い、ナンバーワンのキッチンを目指しましょう!!

 

 

目次

 

 
1 失敗しないキッチン寸法

 

 

通路幅

キッチンの通路幅は、1人で作業することが多いなら90cm、2人で作業することが多いなら120cm程度は確保しましょう。

気を使うことなく、スムーズな作業をするためには、このくらいの通路幅が必要になります。

歩くための通路だけではなく、冷蔵庫や、引き出し・吊り戸棚を開ける時のスペースも、きちんと考慮しておく必要があります。
収納の扉は開き戸ではなく引き戸タイプを採用するのをおススメします。

お子様が大きくなったら、親子で料理を楽しみたいと思っている方は、将来のために広く設定するのがよいですね。

 

 

キッチンカウンターの高さ

キッチンカウンターの高さは、身長÷2+5cmが適した高さの目安と言えます。

例えば160cmの方でしたら、160÷2+5=85cmが目安になります。

キッチンカウンターの高さは、作業効率や疲労感などに大きく関わってきます。

キッチンの位置が高すぎると肩や首を痛める原因になり、低すぎる場合はかがむ姿勢になるため腰に負担がかかります。

中古物件のキッチンが、自分の身長と合わなくて使いにくかったという方も多いのではないでしょうか?

 

キッチンカウンターの高さは、80cm、85cm、90cm、95cmと規定されていますが、現状ほとんどのメーカーで希望に合わせて高さの調整に対応してくれますので、使いやすい高さをショールームに行って実際に確認するのをおススメします。

 

車椅子をお使いの方に使いやすいバリアフリーのキッチンカウンターもあります。

カウンター下はスペースを保ち、車いすでもそのまま作業がしやすくなっています。

 

 

作業スペース

食材を切ったりする作業スペース、シンクやコンロの幅も使い勝手よよいものを選べます。

作業スペースは60cm~90cmあると余裕がありますね。

シンクも、深さがあるものを選んだ方が水の跳ね返りもなく、使い勝手がよいです。

大鍋なども置けるサイズを選ぶようにしましょう。

調味料の置き場なども事前にイメージしておき、更に使いやすいレイアウトを実現しましょう。

 

 

 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 
 
 
  
 

↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 

 

 

 

 

2 ストレスのない冷蔵庫の配置

 
 

 

対面キッチンにリフォームをしたら、通路が狭くなって冷蔵庫の移動ができなくなってしまった!!という失敗もあります。
キッチンリフォームをする際はm冷蔵庫の設置・移動、冷蔵庫を置く場所の幅はもちろんですが、冷蔵庫の扉や引き出しを開いた時のスペースも、きちんと計算する必要があります。

 

実は冷蔵庫の配置によって、使い勝手は大きく左右されます。冷蔵庫の配置をどのように考えれば良いか、考えてみましょう。

冷蔵庫の配置は、キッチンの入り口付近と、キッチンの奥にするのとどちらが使い勝手がよいと思いますか?

冷蔵庫は、キッチンの入り口付近に設置したほうが使い勝手がよいとされています。
 
なぜかというと、キッチンの奥に冷蔵庫が設置されていると、調理中にだれかが冷蔵庫の中身を取りに来た時、キッチンの中を通らなければなりません。
キッチンが混雑してしまいますし、火を使っているときなどは危険も伴います。
キッチンで作業する人と、冷蔵庫に来る人の動線ができるだけ重ならない方がよいですよね。
その為、冷蔵庫はキッチンの入り口付近に設置するのがベターです。
 
 
もうひとつ、注意したいことがあります。
 
それは冷蔵庫のドアの向きです。
冷蔵庫の開く方向に壁や棚などありませんか?
両開きの冷蔵庫を配置する場合は、両サイドにゆとりがないと完全に開かないこともありますので注意してください。
 
 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 
 
 
  
 

↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 

 

 

 

 

3 もっと使いやすいキッチンにするために

 

 

 

ゴミ箱の定位置を作る

キッチンリフォームをお考えの際は、ゴミ箱の定位置をきちんと決めましょう!

せっかく使い勝手のよいキッチンにリフォームしたのにゴミ箱の定位置がなく、通路に置かれて歩くたびに邪魔になるなんていうことになりかねません。

ゴミの分別が厳しい地域は特に複数個のゴミ箱が必要になりますので、お忘れないようにしてくださいね。

上下に重ねられるタイプは省スペースに複数のゴミ箱が置けます。

見た目重視でしたら、カウンター下にしまえると目隠しになりますしスッキリします。作業台の下に位置すると、動線もよく便利です。

 

 

キッチンリフォームの際はコンセントのチェックもお忘れなく!!

炊飯器やトースター、コーヒーメーカーやジューサー、ミキサーなど・・キッチンはたくさんの家電機器を使うため、コンセントの口数が足りないと感じている方も多いと思います。

ブレーカーが落ちやすいなどの場合、分電盤の交換が必要な場合もあります。

 

 

キッチンの床の素材は滑りやすくないか??

キッチンで使用する床材は滑りにくいものを選びましょう。

特に、油跳ねなどがあると滑って危険なこともあります。

キッチンマットを敷くなどで解消もできますが、マットを敷かない場合は掃除のしやすい、滑りにくい素材を選ぶようにしましょう。

 

 

 ↓ 当社施工事例はこちら ↓ 

 
 
 
 

↓ ↓ご相談はこちら↓ ↓ 

 

 

 
 
(Visited 63 times, 1 visits today)

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP