株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  寒冷地以外でも「二重窓リフォーム」がおススメ!!

REFORM COLUMNリフォーム コラム

寒冷地以外でも「二重窓リフォーム」がおススメ!!

  • カテゴリ: 知識

◇ 寒冷地以外でも「ニ重窓リフォーム」がおススメ!! 

 

 

 

 

二重窓とは、内窓とも呼ばれ、今ある窓サッシの内側にもう1枚窓を取り付けたものです。

断熱性が高く、特に寒い地域で取り入れられてきました。
最近では、断熱性の省エネ効果に加え、防音性も高く、防犯の面でも優れているということから寒冷地以外でも人気が出てきています。
二重窓は、後から取り付けることも可能なため、新築だけでなくリフォームを希望する人が増えてきています。
今回は、二重窓リフォームについてご紹介していきたいと思います。

 

 

目次

 

 
1 二重窓のメリット

 

◆  高い断熱性 ◆

 

二重窓は、今ある窓の内側にもう一枚窓を設置しますので、高い断熱効果が得られます。
暖房の熱を逃がさず、冷房の効率も高まるので、夏は涼しく、冬は暖かな室内を実現でき、電気代も抑えられます!
特に戸建て住宅は、隙間風にお悩みの方も多いと思いますが、二重窓は隙間風も軽減しますよ!

 

◆  結露を抑えられる ◆

 

二重窓は結露になりにくいのはなぜでしょうか?
結露はお部屋の空気が、冷たい窓ガラスに当たって冷やされ、空気中の水分が水に変わるためです。
二重窓は内ガラスの温度がそれほど下がらないので結露になりにくいのです。
結露は放っておくと大切なお家にカビが発生してしまいますので、これは助かりますね。

 

◆  防音・遮音効果もup!! ◆

 

二重窓の気密性は、外部からの騒音を遮り、家の内部の騒音を外部に響かせません。

高い防音効果があります。
ご自宅が交通量の多い幹線道路や線路、駅など騒がしい地域にお住まいで、二重窓のリフォームを検討される方も増えてきているようです。
二重窓を取り付けた場合には40dBの遮音が期待できます。
一般的な窓ガラスの遮音の効果の2倍の遮音効果があります。

 

◆  二重窓は防犯効果もある! ◆

 

二重窓は防犯面での効果があると言われています。
戸建ての場合、空き巣は窓から侵入することが多いです。
空き巣は窓を破壊して短時間で行為に及びます。
その時、窓が二重になっていたらその家は侵入までに時間を要してしまいますので「時間がかかる」と判断すると空き巣は諦めるそうです。
もたもたしている間に通報されたり、住人が帰宅する恐れがありますからね。
二重窓にしている=「防犯の対策をしっかりしている家」というイメージを空き巣に与えられるだけでも防犯対策になります。

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

2 二重窓のデメリット

 
 

◆  コストがかかる ◆

 

二重窓へのリフォームでは、二重窓の設置と、窓ガラス代がかかります。
もちろん二重窓にするだけでも効果はありますが、より効果的にと考えると、機能性のある窓ガラスをオススメします。

後述しますが、窓ガラスは性能により価格が大きく変わります。
ハイグレードのものにする必要はありませんが、せっかくリフォームをするなら機能性がUPする窓ガラスにこだわってみるのも良いでしょう。

 

 

◆  掃除が大変かも…?? ◆

 

二重窓は単純に窓ガラスが倍になりますので、その分掃除の手間は増えます。
とはいえ、内側は外気には当たりませんので汚れはそんなにはひどくなりません。

 

 

◆  窓を開ける時、面倒に感じるかも…? ◆

 

「二重窓は窓の開け閉めが面倒くさい」とおっしゃる方もいます。
二重窓は外気を取り入れるまでに2回窓を開けなければならないため、面倒に感じるかもしれません。

 

 

◆  部屋が狭くなる ◆

 

二重窓は、今の窓枠の内側に窓枠を設置しますのでそのぶん、少し部屋は狭くなります。
しかし、窓枠を壁の色に合わせたりする事で圧迫はかなり軽減されますし、逆に反対色を合わせてスタイリッシュなお部屋にイメージチェンジすることも可能です。

 

 
 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

3 二重窓におススメの「ガラス」

 

 

結露や騒音、冷暖房の効率化などお悩みに応じて、どのガラスを選ぶかで、効果が変わってきます。

 

 

◆  暖房を効率的に使いたい ◆

「室内の熱を逃がさず」、「太陽の熱を取り入れる」
「高断熱複層ガラス」がおすすめ

 

◆ 冷房を効率的に使いたい ◆

室内の冷気を逃がさず」、「陽射し(熱)を遮る」
「遮熱高断熱複層ガラス」がおすすめ

 

 

◆ 結露を軽減したい ◆

「室内と室外の温度差を少なくする」
「断熱性能の高いガラス」を選ぶ必要があります。

 

 

◆ 防音性を高めたい ◆

内窓を設置するだけでも、気密性が高まるため防音効果はUPします。さらに防音性を高めたいときは、防音合わせガラスがおすすめです。

 

 

◆ 防犯性を高めたい ◆

防犯合わせガラスは、貫通しにくいので、侵入までに時間がかかることから犯人は侵入を諦めると言われています。
地震などの衝撃も破片が飛び散りにくくなります

 

 

今回は、二重窓リフォームのメリットなどをご紹介しました!

工事時間は、現場状況によっても異なりますが、目安としては1窓あたり約1~2時間くらいです。
壁を壊すこともなく、在宅のまま簡単な工事でリフォームが可能です。

二重窓は寒冷地以外でもオススメしたい設備です。
防犯、結露、寒さ・暑さ、騒音などにお悩みの方は、ぜひ一度、ご検討ください!

 

 

 

 

 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP