株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  屋根塗装って必要なの?

REFORM COLUMNリフォーム コラム

屋根塗装って必要なの?

  • カテゴリ: 知識

◇ 屋根塗装って必要なの? ◇

 

 

屋根はふだん目に入りにくく、劣化が進んでも見落としがちな場所です。

おそらく雨漏りなどの被害が発生してから、屋根の重要性に気づくという方が

多いのではないでしょうか?

 

しかし、屋根は紫外線や熱・風雨を直接受ける過酷な環境のため、

家屋の中でもっとも傷みやすい部分の一つなのです。

 

屋根が古くなり傷みだすと水が家の中に入り込み、

カビの発生や腐食につながります。

 

「屋根塗装」は最も手軽なリフォームで、屋根材に塗料を塗布する作業です。

屋根の基礎部分である下地が、それほど傷んでいない場合に有効な方法です。

塗り替えを行う屋根材は、セメント瓦・スレート系・金属系のみで、

日本瓦の場合は塗り替えの必要はありません。

 

ここ最近、屋根のリフォームでは悪徳な訪問販売会社によるトラブルが

発生することも多いため、屋根に関する基礎知識を押さえておきましょう。

 

 

目次

 

 
1 屋根塗装の必要性

 

塗り替えが必要な場所といえば、屋根が最初に思いつくでしょう。

屋根は外壁よりも劣化しやすい箇所であり、劣化スピードが速いのです。

屋根塗装の大きなメリットは、劣化防止にあります。

定期的に塗り替えを行うことで劣化を防ぎ、屋根のランク向上が可能です。

防水機能・耐熱効果のある塗料を塗れば、より一層丈夫な屋根に仕上がります。

また、屋根の美観を保ち続けることも、屋根塗装のメリットです。

 

塗装が必要な屋根材 塗装が不要な屋根材

・セメント瓦・モニエル瓦

     ・スレート屋根

     ・金属屋根

・粘土瓦(日本瓦・和瓦)

 

 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

2 劣化のサイン

 

 
劣化のサインはどこかで必ず現れるものです。

サインを見逃さないためにも、事前にどのような劣化症状が起きるのか、

把握しておかなければなりません。

 

【主な劣化のサイン】

●ひび割れがある

●苔(こけ)が生えている

●金属部分が腐っている

●雨漏りしている、または跡が見つかる

●色があせている

●塗装の艶がなくなってきた

●新築時よりも屋根の色が薄くなってきた

●屋根の塗装面が白っぽくなってきた

 

【点検時期】

点検時期は10年を目安にすると良いでしょう。

長期的に見た時の、メンテナンス費用を抑えることにつながります。

あなたのお家が築10年を迎えていて、まだ屋根塗装を行なっていない場合は、

早めに点検を検討しましょう。

 

素人がハシゴを使って屋根に上るのはとても危険なので、

塗装業者さんに来てもらい、専門的な目でしっかり屋根を見てもらいましょう。

 

【インスペクション】

住宅におけるインスペクションは、建物に精通した者(建築士など)が

第三者的な立場で、劣化の状況や欠陥の有無などを調べ、修繕や改修、

メンテナンスをするべき箇所やそのタイミング、

費用の概略などをアドバイスするものです。

「住宅診断」「建物検査」「建物現況調査」など日本語での呼称は統一されて

いませんが、どれも基本的には同じだと考えて良いでしょう。

 
 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

3 トラブル回避するには

 

契約書に不備や不明・未記入箇所など、不確定な要素がある場合は、

トラブルになりやすいです。

 

記憶に頼らず、必ず書面で確認や不備がないことをチェックしましょう。

 

【見積書の詳細説明がない】

見積書の詳細説明がないと、トラブルになります。

 

理由は、施主側が理解していない・勘違いしている項目が残っていることに

よって、実際の施工に入った時に「話が違う」と、感じることが

出てきてしまうからです。

 

そのため、不明なところや思い込みがないかの確認の意味を込めて、

見積書の詳細説明をしてもらい、お互いに誤認識がないようにしましょう。

 

 

【早期契約を迫る】

「今契約すると値引きできますよ」や、「特別にモニター価格ですよ」という

ような話で急かされ、考える暇を与えず、早期契約を迫られたときは、

要注意です!!

焦って契約してはいけません。

 

 

【業者が何度もしつこく勧誘してくる】

一度見積もりを取った後など、業者がしつこく契約を迫ってくる

トラブルがあります。

 

そうしたときは「今考えているところだから・・・」

「ちょっと忙しいからまた今度・・・」といった曖昧な回答をせず、

明確な期限や意思を提示すると、必要以上の連絡がなくなるでしょう。

 

もし意思表示をしても変わらずしつこい業者の場合は、

間違いなく良くない業者で良い工事をしないと判断できますので、

「お宅とは契約しません」とハッキリ伝えましょう。

 

 

【私はだまされない?】

ある日突然、ピンポーン!

 

「あ、どうも、屋根の無料点検をやっています。

ちょっとお宅の屋根が劣化しているようなので、屋根を点検させていただいて

よろしいですか?」

 

そう話すと、あれよあれよという間に、業者は屋根に上り点検し始めます。

 

開口一番、

「これでは雨が降ると雨漏りしますよ。

今まで雨漏りしないのが不思議ですねぇ。」

 

などと消費者の不安をあおります。

また、執拗に何度も勧誘したり、長時間にわたって契約締結を勧めてきます。

 

点検を断っているにも関わらず何度も勧めてきたり、

勝手に見積書を作り契約を勧めてくる。

 

「このままだと家が潰れる」などと実態と異なる説明をして

不安をあおってきます。

 

無料点検をして破損個所の修理を促すこと自体は、一見するとなんら問題が

なさそうに見えますが、修理工事を獲得したいという意図を隠して訪問する

こと自体が「特定商取引法」に該当します。

 

こういったリフォームの訪問販売では、やはり多くの場合、

高齢者をターゲットにしています。

 

一人暮らしで、「本人は騙されたことに気づいていない」場合や、

居座りや暴力に怖がって言い出せないもあります。

 

このような被害に遭わないためには、

昔ながらの地域内のコミュニケーションが重要ですね!

 

 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP