株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  柱や梁があっても大丈夫「ぴったりサイズシステムバス」

REFORM COLUMNリフォーム コラム

柱や梁があっても大丈夫「ぴったりサイズシステムバス」

  • カテゴリ: 知識

◇ 柱や梁があっても大丈夫「ぴったりサイズシステムバス」 ◇

 

 

浴室のリフォームをしたいのに、建物の高さや浴室内の柱や梁があるために浴室リフォームに不安を感じている方にオススメのシステムバスがあります。

ぴったりサイズにシステムバスを設置できるので、浴室スペースを無駄なく活用できるため、リフォームして浴室が狭くなるなんてことはありません。

 

今回はタカラスタンダードの「ぴったりサイズシステムバス」についてご紹介します。

 

 

目次

 記事内情報引用元:タカラスタンダードホームページhttps://www.takarastandard.co.jp/reform/system_bath/contents/pittari.html

 

 

1 システムバスとは

 

システムバスとは、工場で浴槽、壁、床、天井などのパーツをあらかじめに作成しておき、現場で直接組み立ててつくるバスルームのことです。

 

壁にタイルを一枚一枚施工するようなお風呂に比べると、コストや工事期間が短縮できるメリットがあります。

壁や床のデザイン、浴槽などのパーツを選ぶことができ、浴室乾燥などのオプションもあるので、見た目も機能もカスタマイズすることができます。

また、システムバスは素材自体の防水性が高く、床と壁のつなぎ目の部分が一体型で、隙間がないので水漏れの心配がないので安心です。

 

しかし、システムバスには規格サイズがあります。

システムバスのカタログやショールームを見ると、0.75坪タイプ、1坪タイプなどと表示されていることがありますが、坪数が同じであれば希望のシステムバスが設置できるという訳ではないのです。

一般的なシステムバスの規格サイズは1216、1317、1616、1717・・・などがあります。

たとえば

1216は坪数0.75坪 浴室内寸(奥行き)1200㎜ x(幅)1600㎜

1317は坪数0.75坪 浴室内寸(奥行き)1300㎜ x(幅)1700㎜

1616は坪数1坪 浴室内寸(奥行き)1600㎜ x(幅)1600㎜

1717は坪数1坪 浴室内寸(奥行き)1700㎜ x(幅)1700㎜

 

上記のように10㎝単位で設定されています。

そのため浴室の大きさや形に合わせて細かく合わせることが難しいので、浴室スペースに柱や梁があると選べるタイプが制限されるため、リフォームをしても変形タイプのスペースだと浴室が狭くなってしまう場合もあります。

 

では浴室をリフォームしたいのに、梁や柱がある浴室の場合はどうしらよいのでしょうか?

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 
 

2 ぴったりサイズシステムバス

 

このような場合、浴室のリフォームが難しくなることがあります。

 

例えば、梁の出っ張りがある場合、その梁をさけてシステムバスにリフォームすると、梁の分だけ浴室が狭くなります。

 

このような問題を解決できるのが、タカラスタンダードの「ぴったりサイズシステムバス」

梁や柱があっても大丈夫!

規格サイズのシステムバスのリフォームより浴室が広くできます。

 

「ぴったりサイズシステムバス」とは

タカラスタンダードだけの2.5㎝刻みのシステムバス。

間口・奥行ともに2.5㎝刻みでサイズオーダーできるので、梁や柱のある浴室でも浴室の形状に合わせて、浴室空間を無駄なくピッタリサイズでリフォームできます。

2.5㎝刻みなので、サイズバリエーションは約1500と豊富!

 

こんな場合は「ぴったりサイズシステムバス」がおすすめです。

・浴室が小さい

 業界最小クラスのサイズ対応で、システムバスにリフォーム

 

・もったいないゾーンが隠れている

 

・脱衣室も含めてリフォーム

 浴室が広すぎる場合も、増築することなく、浴室を狭くして、脱衣室を広くできます。

 

・浴室に柱がある

 柱を避けた柔軟な空間設計

 記事内情報引用元:タカラスタンダードホームページhttps://www.takarastandard.co.jp/reform/system_bath/contents/pittari.html

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 
 

 

3 タカラスタンダードのシステムバスの特徴

 

タカラスタンダードには、「ぴったりサイズシステムバス」のほかにも、快適・安心なポイントがたくさんあります。

 

・寒さをなんとかしたい

【パーフェクト保温】

冬場でもしっかりあたたかさをキープできる、タカラスタンダード独自の「パーフェクト保温」。温かさの秘密は、浴室全体を保温材で完全防備しているため。

浴槽外側に保温材を吹き付けた高断熱浴槽と、保温材入りの断熱風呂フタをセットで使えば、あたたかさ長続き。追い炊きの回数が減り、光熱費の節約になります。

お湯をかけるとあたたまる磁器タイル+保温材もポイント。

 

【鋳物ホーロ浴槽】

鋳物ホーロは、浴槽自体が蓄熱する特質をもっているので、身体の芯まで心地よく温まり、またその熱が冷めにくいため、湯上りの心地よさが格段に違います。

衝撃にも強いので、多少の衝撃では本体が変形しにくいことはもちろん、緻密なガラスコーティングにより表面が硬質なため、キズもつきにくく、長くその美しさを保つことができます。汚れや雑菌が付着しにくいのも大きなメリット。もし汚れがついても簡単に落とすことができるので、普段のお手入れに時間を取られません。

 

【浴室暖房乾燥機】

高齢者への負担が大きい冬場の入浴も、予備暖房でヒートショックを予防。

雨天や花粉の多い時期は、浴室で衣類乾燥もできて便利。

 

・お手入れをラクにしたい

【鋳物ホーロ浴槽】

日常的な汚れは、シャワーとスポンジで洗い流すことができます。

 

【ホーロ―クリーンパネル】

シャンプーや石けんの飛び散りで、実は汚れているバスルームの壁。

普段のお手入れは入浴後にシャワーとスポンジで洗い流すだけでOKです。

キズに水垢やカビなどの汚れが入り込むと、キレイに落とすのが難しくなりますが、ホーロ―クリーンパネルなら、傷がつきにくいので長年使ってもお手入れのしやすさは変わりません。

 

【キープクリーンフロア】

浴室の床に溜まりやすい皮脂汚れもキレイに。

硬いブラシで擦っても、風呂イスを引きずっても傷がつきにくい磁器タイルなので、頑固な汚れもゴシゴシお掃除できます。

天然石を切り出したような磁器タイルは見た目も美しく高級感があります。

磁器タイルの表面に独自の凹凸加工を施すことで、安全基準を上回るすべりにくさを実現。子供や高齢者のいるご家庭でも安心です。

 

・収納を増やしたい

【マグネット収納】

「どこでもラック」を使えば、収納もしやすく、自由にレイアウトもできます。

風呂イスや掃除道具もフックやタオルハンガーに掛ければ、水切りもよく清潔に収納可能です。

マグネットなので、子供の成長にあわせてシャワーフックや棚の位置を調整することもできます。

記事内情報引用元:タカラスタンダードホームページhttps://www.takarastandard.co.jp/reform/system_bath/contents/pittari.html

 

 

いかがでしたでしょうか?

タカラスタンダードのシステムバスをご紹介しました。

ぴったりサイズでお手入れがラクなのは他にはない魅力ですね。

弊社はタカラパートナショップ加盟店です。

タカラスタンダードシステムバスが気になった方、他メーカーと悩んでいる方も、リフォームのプロである弊社にご相談ください。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 
 
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP