株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  浴室暖房乾燥機交換のタイミングは?

REFORM COLUMNリフォーム コラム

浴室暖房乾燥機交換のタイミングは?

  • カテゴリ: 知識

 ◇ 浴室暖房乾燥機交換のタイミングは? 

 

冬は暖房で温かく、ヒートショックの予防にもなり、快適なお風呂タイムの影役者の浴室暖房乾燥機。

ご自宅の浴室暖房乾燥機、最近こんなサイン出ていませんか?

 

・変な音がする

・洗濯物の乾燥に前より時間がかかるようになってきた

・リモコンを押しても作動しないことがある

・浴室がカビ臭い

・風力が弱い

 

こんな症状が起きていたら、交換のタイミングです。

修理ではなく、交換をオススメする理由などをご説明します。

 

「浴室暖房乾燥機の調子が悪いな」と感じている方はぜひ参考になさってください。

 

 

目次

 

 

1 浴室暖房乾燥機の寿命

 

洗濯機や、冷蔵庫と同じように浴室暖房乾燥機など設備機器にも寿命があります。

浴室暖房乾燥機の寿命は平均で10年~15年くらいと言われています。

あくまでも「平均」ですから、使用頻度や利用環境によって変化し、もっと早くに不調が出て交換が必要になる場合もあります。

反対に、15年以上使用できるご家庭もあるのも事実です。

 

浴室暖房乾燥機は、使い方とお手入れで寿命に差が出るのが顕著な設備機器です。

やはり、「利用頻度・時間」が長いと寿命に影響しますし、「日々のお手入れ・メンテナンス」を怠ると汚れやホコリが原因となり、不調や故障に繋がります。

メーカーが推奨するお手入れ方法を守ると寿命はかなり延びるでしょう。

 

10年を超えて不具合が出た場合は、修理ではなく交換を勧められるでしょう。

その理由は、メーカーの部品の保有期間にあります。

浴室暖房乾燥機は、製造が終了したあと6年を超えるとメーカーは部品を保有する義務がなくなります。

そのため、購入後10年もするとお使いの浴室暖房乾燥機の部品がメーカーにも在庫がなくなり、「修理ができない」ということになります。

なにより10年たつと浴室暖房乾燥機はリニューアルが繰り返され、いまお使いのものより性能がよく、ランニングコストも抑えられる新機種が出ていますので、新しい機器への交換をオススメしています。

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

2 給湯器もいっしょにチェックをしよう!

 

 

浴室暖房乾燥機の不具合がでてきた時に、忘れずに一緒にチェック、メンテナンスをしていただきたいのが給湯器です。

給湯器の耐用年数は、浴室暖房乾燥機とほぼ同じで約10年程度と言われています。

定期メンテナンスを忘れていて、なんとなく不調だな・・と思っていてもそのまま使い続け、ある日突然お湯が出なくなる・・なんていうことも見受けられます。

 

よくある給湯器の故障のサインは以下の通りです。

 

・給湯器のリモコンにエラー表示が出ることがある

・お湯を出す際に「ボンッ」と音がする。

・お湯の温度が安定せず、熱くなったり、ぬるくなったりする

・追い炊きができない

・煙がでている
 
 

どれか一つでも当てはまれば劣化のサインです!

特に煙が出るのは、不完全燃焼を起こしている可能性が高いので直ちに利用は控えてください。

2012年から2016年の5年間で、10年以上の長期使用した給湯器や風呂釜から発火したなどの事故が400件以上発生したという調べもあります。

 

あくまでも目安ではありますが、給湯器を設置してから7年以上経過している場合、修理と交換の両方を視野に入れてご検討ください。

設置から10年近く経過している場合は、不具合がなくても安心してお使いいただくために定期的に点検をオススメします。

コロナ禍の影響で、給湯器など住宅設備は在庫が市場に出回らず、交換までに数ヶ月要することもありますので、メンテナンスをお願いします。

 

急な故障に慌ててしまわないよう、計画的な修理、交換をお忘れないようお願い致します。

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから
 
 
 
 
 

3 コロナ禍によるメーカー欠品に注意

 

 

戸建てだけでなく、マンションや集合住宅も浴室暖房乾燥機や給湯器の交換はもちろん可能です。

ただし、マンションや集合住宅に多いPS設置タイプの給湯器(通路などに設置されている扉の中に設置されているパイプスペースに設置されているタイプのもの)は、設置スペースが限られていますので交換機種が限定されています。

 

そして、浴室乾燥機と、給湯器や床暖房は、なるべく同じメーカー機器で合わせて交換するのをオススメします。

なぜなら、リモコンにエラー表示が出た時などに、その原因が浴室暖房乾燥機なのか?給湯器なのか?の判断が難しいと思いますが、同じメーカーであればメンテナンス時に両方を見てもらうことが出来ますので、二度手間になりません。

 

前述したとおり、コロナ禍の影響から住宅設備機器の欠品、納品の遅れが相次いでおり、入荷に大変日数を要します。

新型コロナウイルスの影響により生産体制が取れず、遅れが生じているためです。

いざ交換したい!となってから、納期の目途がなかなか立たないのが実状です。

 

設置してから7年経過している浴室暖房乾燥機、給湯器は不調が出る前にメーカーの点検、メンテナンスをお忘れなく。

 

 

 

  
当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP