株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  雨漏りは、日々のメンテナンスで防止しましょう!!

REFORM COLUMNリフォーム コラム

雨漏りは、日々のメンテナンスで防止しましょう!!

  • カテゴリ: 知識

◇ 雨漏りは、日々のメンテナンスで防止しましょう!! ◇

 

 

天井からポタポタ雨漏り・・・

 

業者に連絡してしたけど、今日の修理は難しいと言われてしまったから

自分で直そうかな・・・と安易に考えてしまいがちですが、

雨漏り修理はプロの業者にお任せしましょう。

 

なぜなら、雨漏りは、天井からポタポタ水が滴るわかりやすいものだけではないからです

「ご自宅の雨漏りチェック」も含め、応急処置の方法をご紹介します。

 

 

 

目次

 

 
1 あなたのお家は大丈夫?雨漏りをチェックしてみよう!!

 

雨漏りは天井からだけではありません。

セルフチェックしてみてください!

 

・クロスにシミができていないか?

・クロスが浮いていないか?

・クロスが剥がれてないか?

・押入れやクローゼットにカビが発生していたり、シミがないか?

・壁にカビが生えていないか?

・サッシ周りが濡れていないか?

・壁が濡れていることがないか?

 

いかがですか?

気になる箇所はありませんか?細かくチェックしていきましょう!

 

【クロスに染みがある】

シミは、濡れた箇所が乾いたという証拠です。

雨の日にその箇所を触って、濡れていないか確かめましょう。

 

多少の雨では濡れていなくても、台風や強い雨風の日にだけ

雨漏りしてしまう初期段階の可能性もあるあります。

 

【クロスが剥がれた】

クロスが剥がれる原因には、雨漏り外にも考えられます。

経年劣化や、施工ミスなども原因の1つになります。

 

雨漏りでクロスが剥がれるのは、クロスの下に湿気がたまったことにより

粘着力が弱まってクロスが剥がれた可能性があります。

クロスが濡れたり、湿ったりしてないか確認しましょう。

雨漏りが原因ならシミやカビが発生していることが多いです。

 

【壁にカビが生えている】

壁にカビが生えている=雨漏りではないこともあります。

湿気が原因のこともあるからです。

 

ただ、壁の一部にだけカビが発生している場合は、

雨漏りしている可能性が非常に高いです。

雨の日に該当箇所を触ってみて、濡れているかチェックしましょう。

 

【サッシ周りが濡れている】

サッシ周りは、結露が原因で濡れることもあります。

結露は、外気と室内の温度差によって発生するので、お天気が良い日でも発生します。

 

もし、雨時だけ激しく濡れるのであれば雨漏りが原因と考えられます。

サッシには、構造上で枠内に水を貯めるようになっているものがあります。

これは、溜めた水の重力でさらに侵入する雨風を防ぐための仕組みです。

こちらももちろん雨漏りではありません。

 

【壁が濡れていることがある】

どこからか水が垂れてきている証拠です。

 

天井にシミはありませんか?

雨漏りのサインを見逃さないようにしましょう。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

2 雨漏りは屋根以外からも発生します!

 

雨漏りは、屋根から起こるものだけとは限りません。

意外な場所からの雨漏りもあります。代表的な箇所をご紹介します。

 

【屋根】

雨漏りの原因のNo. 1は、やはり屋根からです。

 

スレートのひび割れや、瓦のずれ、トタン屋根の経年劣化、

漆喰の崩れなどが原因として多いです。

屋根材だけでなく、その下の防水シートが原因のこともあります。

屋根に登るのは危険ですので、雨漏りのチェックは業者にお任せましょう。

 

【ベランダ・バルコニー・屋上】

外気の厳しい環境にあるため、屋根と同じく経年劣化が進む箇所になります。

メンテナンスをしっかりしていないと、防水機能はなくなり雨漏りの原因になります。

 

水捌けが悪くなったりしていませんか?

防水の定期メンテナンスが大切な箇所です。

 

【外壁】

小さなひび割れでも雨漏りの原因になる場合があります。

コーキング材が劣化していたり、穴があいている場合は

雨漏りの危険性が非常に高いです。

 

【窓サッシ】

窓サッシはコーキング材で隙間を埋めています。

このコーキングにひび割れなどが起こると雨水が侵入して雨漏りになってしまいます。

 

 
 
 
 

 当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 

 

3 雨漏りの応急処置について

 

業者がすぐ手配できない時などの、応急処置は、

とにかく水を受け止めることだけです。

 

雨漏りは単純なものでなく、壁や屋根の裏などの調査が必要になりますので、

必ず専門業者へ依頼をしましょう。

放っておくと、どんどんひどくなってしまいますので早めの修理が必要です。

 

【天井からの雨漏り】

雨天上からの雨漏りはバケツや洗面器で受けとめます。

跳ね返りを防ぐために中には新聞紙やタオルを入れましょう。

下にはビニールシートやレジャーシートを敷くとよいですね。

 

戸建てで、天井裏に上がれるようなら、

雨染みがある場所に吸水シートを敷いておくことで応急処置ができます。

 

【窓やサッシからの雨漏り】

カーテンは濡れるとカビてしまうので外し、

タオルなどで濡れている箇所の水を定期的に吸い取りましょう。

これをしておかないと、木枠が傷んだりして張り替えに繋がる可能性があります。

 

雨漏り修理は、思わぬ箇所に被害が広がっており、

修理代が嵩んでしまうということが多いです。

 

外壁や、ベランダ・バルコニーの定期メンテナンスで雨漏りは防ぐことができます。

外壁や、屋根塗装メンテナンスは10年毎に行うと良いでしょう。

早期発見であれば、簡単な補修で費用も抑えることができます。

 

雨漏りを見つけたら、早急に専門業者へ依頼して調査・修理を依頼しましょう。

 

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーションお問い合わせはこちらから

 

 
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP