株式会社イエスリフォーム

COLUMN

リフォーム コラム

HOME >  リフォーム コラム >  コロナ禍で注目が集まっている人気住宅設備

REFORM COLUMNリフォーム コラム

コロナ禍で注目が集まっている人気住宅設備

  • カテゴリ: 知識

◇ コロナ禍で注目が集まっている人気住宅設備 ◇

 

リクシルHPより

 

コロナ禍で、私たちの生活は大きく変わりました。

テレワークの実施で家で過ごす時間が増えた方も多いでしょう。

今、リフォームをお考えの方は、withコロナ、afterコロナを見据えた住宅設備を検討してみてはいかがでしょうか?

これからの時代の家づくりのヒントをご紹介します。

 

 

目次

 

 

1 ウイルスを家に持ち込まないための設備

 

 

【玄関横にシューズクロークを設ける】

 

家の中にウイルスを持ち込まないためのおススメの住宅設備です。

もともとは、ベビーカーや三輪車、アウトドアグッズなど家の中に持ち込みたくないものの収納場所としての設備ですが、コロナ禍では、上着や帽子、鞄などの収納場所として人気が出てきました。

外から帰ってきて、ウイルスなどが付着している可能性が高いものをクロークに置くことで、部屋の中に持ち込まずに済みます。

シューズクロークは、ウイルスだけでなく花粉症対策にも有効な設備です。

玄関から中へ花粉を持ち込まなければ、家の中では花粉症の症状を抑えることが期待できます。

 

 

【玄関近くに手洗い場を設ける】

 

コロナウイルス対策として手洗い、うがいの重要性はいうまでもありません。

そして重要なのが「家にウイルスを持ち込まない」ということになります。

そこで、なるべく玄関から近い場所に手洗い洗面を作ったり、リビングを通らずに洗面所までの動線を作るリノベーションに人気がでてきています。

コロナが終息した後でも、帰宅後の手洗いは習慣付けしたいですよね。

インフルエンザや風邪の予防にもなります。

 

 

【タッチレスセンサー水栓】

 

そして「なるべくモノに触れないようにする」というのも感染予防対策として有効ということもわかっています。

そこで人気が高まっているのがタッチレスセンサー水栓です。

ウイルスやバイ菌が付着しているかもしれない手を洗う時に、蛇口のハンドルやレバーを触らずに水が出せるので、感染予防になりますし、こまめに止水ができるので、節水にも繋がります。

タッチレスセンサー水栓は、キッチンでは肉や、魚を触った手で水栓に触れることなく手を洗うことができるので、感染症対策の観点のみならず、afterコロナでも取り入れたい設備ですね。

タッチレスセンサー水栓のデメリットは、操作に電源を必要とすることです。

電気の場合は停電時の対応に備える必要がありますし、電池式の場合は電池交換の手間があります。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから

 

 

2 宅配ボックスとパントリー

 

コロナ禍では、不要不急の外出を避けるため、ネットショッピングを使うことが増えました。

そして、少しでも他人との接触を防ぐために、受け取りを宅配ボックスへ入れるようにお願いをする方も多いでしょう。

最近、戸建住宅でも、宅配ボックスを設置する方が増えてきています。

 

 リクシル HPより

 

「置き配」のように玄関前に置いてもらう配達方法もありますが、盗難や雨に濡れてしまう心配があるので宅配ボックスがあると安心できます。

そして、宅配ボックスを設置することで、子どもの留守番の際に宅配業者を装った犯罪被害を防ぐこともできるので、子育て世帯にもおススメの設備です。

 

また、不要不急の外出を防ぐため、まとめ買いをするご家庭も多いでしょう。

日々の買い物も、まとめ買いをして買い物の回数を減らし、リスクを減らうことにつながります。

食品や、日用品のストック品を収納するパントリーにも注目が集まっています。

また、パントリーは台風や地震など自然災害に備えての備蓄品を備える場所にも最適です。

パントリーを作ることでキッチンだけでなく、家をスッキリ保つことができますよ。

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション

お問い合わせはこちらから
 
 
 
 

3 テレワーク、オンライン学習用のスペース作り

 

リビングにワークスペースを設けただけだと、リモート会議などに参加する場合、同じ空間にいる家族も気を使わなければなりません。

声を出すことや移動にも気をつかうとなるとストレスがたまりますね。

小さなお子さんがリモート会議に移りこんでしまったり、共働きのご夫婦でデスクの取り合いになってしまったり、学校や塾のオンライン講義などを受講するお子さんもいらっしゃるでしょう。

やはり、家で仕事や学習をする場合、効率を下げず、家族もいつも通りに過ごせる環境が必要になりますね。

 

ご自身の家庭環境を鑑みてワークスペースを考えてみましょう。

 

・家族の気配を感じられる半個室のワークスペースを作る

・リモート会議や講義を受けるための専用の防音効果のある個室にする

・リビングなどにオープンな作業ができるデスクを設ける

 

ワークスペースといってもいろいろなかたちがあります。

特に多目的に利用できるスペースは、afterコロナでは、テレワークも増えるでしょうし、趣味のスペースや、お子さんの学習スペースなどにも活用できるのでおススメです。

 

いかがでしょうか?

コロナ禍でお問合せ、ご希望が多い住宅設備をご紹介しました。

リノベーションをお考えの方はぜひ参考になさってください!!

 

 

 

 

当社施工事例はこちら リノベーション
お問い合わせはこちらから
 

リフォーム・リノベーションをお考えのお客さまは株式会社イエスリフォームまでご相談くださいませ

相談お見積りには費用はかかりません。

また、リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオンもおこなっています。お気軽にご相談ください

関連コラム

PAGE TOP